東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    「香港は退屈。」
    これは香港人のKatyの発言です。どーもとるです。


    確かに言ってることわかります。俺は香港ハイパー好きだけど、きっと住んだら1、2年で飽きると思う。なんでかって、それは敷地が狭すぎるから。日本も世界的に見たら極小の国だけど、国内旅行なんていくらでもできるじゃん。それが香港ではできないんだよね。かといって、中国本土へ行くのは香港人の感情的に嫌なんでしょう。だからみんな海外旅行によく行くんだってさ。香港から逃げるように。




    香港最後の食事は、香港最初の食事と同じところで食べた。

    この量で23ドル(230円)朝からお腹をパンパンにしてくれる香港ですw
    P2102616.jpg



    香港国際空港でWifiを楽しみ、搭乗。

    なにげに初Air Asia。LCCだし、あまりいい印象を持ってなかったんだけど、機体が綺麗で、CAも綺麗!化粧濃い目だけど。クソな点は、狭すぎること。世界最高級の狭さだぞあれw座るとヒザが前のシートにあたるからね!前の人シート倒してないのに。ぁ、そか俺の脚が長すぎるんだな(逝ってよしw




    香港から飛ぶこと4時間。着率前の機内アナウンスが流れる。


    現地の天候は晴れ、気温は32度・・


    あったかいとこキタ━(゚∀゚)━!

    やっぱね、そうこなくっちゃ!寒いと経済的にオシャレできないし、身も心も辛いんですよw肩身狭くなるんすよw



    着いた先は・・





    クアラルンプール!(KL

    あぁ、懐かしい。ほんとに地球を西周りで一周してきたんだな。マレー語はすっかり忘れてしまったけど、マレーシアの持つ素敵な雰囲気は体が覚えている。

    チャイナタウンにある、馴染みの安宿に最短距離で向かった。
    P2102620.jpg

    P2102619.jpg


    あぁ、ほんとに懐かしい。

    オカマの受付嬢を期待したが、残念ながら彼はいなかった。。新参者の彼もどこかしらそれっぽくて笑えたw



    慣れた感じでチェックインを済ませてさっそく行きつけの屋台へ行った。
    P2102621.jpg

    これだ。11ヶ月前と何も変わっていない。アジアらしいぶっかけ飯。
    P2102622.jpg

    香港料理も美味しかったけど、マレーシア料理もうまい。懐かしさも相まって感極まってしまった、、(涙
    P2102623.jpg

    マレーシアの飲み物といえば、アイスミルクティーなのでそれを飲みたかったけど、注文の仕方を完全に忘れてて、確か「Te O ais」じゃなかったかな?と思って頼んだら、ストレートティが出てきたw明日は「Te ais」と頼んでみよう。きっとそっちが正解だw
    P2102624.jpg



    感慨に浸りながら、冷静さを取り戻したら、今日は金曜日ということに気がついた。

    金曜日ということは、、




    安宿の屋上で無料バイキングがある日だ。


    この安宿マジで意味不明なんだけど、一泊ドミ13RMなのね。350円ってやばいでしょwまぁマレーシアって基本的になんでも安いんだけど、その中でも群を抜く安さよ。そんな安宿なのに、毎週金曜日に屋上の気持ちいい場所で無料バイキングって意味不明でしょw
    しかもめちゃ美味しいし、種類もたくさんあるんだなこれが。


    料理人が変わったのか、以前よりも美味しくなってる気がした。
    P2102625.jpg


    そんなKLのチャイナタウンにある安宿「Weelers guest house」ちょーおすすめ。ドミ部屋は窓なしのいわゆる独房部屋なんだけどw
    部屋Wifiも可能で、Wifiは5RMです。(135円)






    わしゃ、まだ日本へは帰らんぞ!

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2012/02/11 03:15】 | マレーシア Malaysia - KL
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。