東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    コーヒーが主食。どーもとるです。



    日本にいるときは麦酒が主食になった日も多々ありましたが、コーヒーの栽培地かつ、良い感じのカフェがある街や国はなかなかないので条件が揃ったらガンガンコーヒー飲みます。


    朝起きたらバカ晴れ!意気揚々と街歩きを兼ねたカフェ攻めにしゅっぱーつ。


    クエンカにはたくさん教会があって、どれも特徴的で面白い。ピンクの大理石を用いて建てられた教会なんて素敵すぎるじゃないか!趣のあるオシャレなレストランやホテルもたくさんあって、知らない間に歩きまくってしまう街。それがクエンカ。

    PB140578.jpg

    PB140582.jpg

    PB140587.jpg

    PB140595.jpg

    PB140592.jpg


    ハトおばさんが出現。
    PB140590.jpg


    アイス屋さんもたくさんあって素敵!どの店も20種類前後のアイスがずらっとあります。そして安い。1㌦前後で日本のダブルサイズ。そしてうまい。
    コロンビアには勝てないけど、暫定2位はエクアドル!エジプトは3位に後退。
    PB140589.jpg



    「CACAO&CANELA」
    こじんまりとした店。コーヒーの量と味からして値段にお得感満点!
    マグカップの取っ手が特徴的で持ちやすくて良い。俺が好きなエクセルシオールのカップに似たグリップ感。←好きすぎてマグカップ買ったからねw
    サンドイッチは簡素なもので1.75㌦~とやたらと高い。この街では安食堂に行けば1㌦で昼が食べれるのに、、。
    コーヒーとサンドイッチのセットで2.5㌦
    PB140577.jpg


    「Cafe Austria」
    マジでクソなカフェ。「カフェの発祥はオーストリア」と言われるほどオーストリアのカフェは格式があるものだ。ウインナーコーヒーはオーストリアのウィーンで飲まれていたためにそう呼ばれるようになった。その名誉あるオーストリアの名を冠したカフェだけに異常な期待をしていったんだけど、最悪だった。豆はエスプレッソ用のものしかなく、ストレートで飲んだ場合には評するに値しない。カップもソーサーもほころびがあって汚い。店の雰囲気もよくない。コーヒー以外の食事、軽食の値段が法外。にもかかわらず欧米人の客で賑わっていた、、ロンプラ効果だろうか。
    とにかく残念なカフェだった。
    PB140597.jpg

    オーストリア調のカフェってゆーのはこーゆう感じよ!これはブダペストだけどw
    DSCN4014.jpg

    DSCN4015.jpg

    写真を見て改めて思う

    ブダペスト最高。


    「CILANTRO」
    ちょー残念なカフェ、Cafe Austriaのはす向かいのブロックにあるカフェ。
    この店最高です!カフェのコンセプトがしっかりしてて、黄・茶・オレンジを貴重とした外観と内装にセンスが光る。コーヒーカップが1店目の店と色違いでチェーン店じゃないのに珍しい。
    コーヒーはさっぱり系のコーヒーで後味がなくて寂しい気もするけど、これがエクアドルコーヒーなのだ。飲みやすいし、これはこれで良い。
    No Vocalの音楽がかかり落ち着いた雰囲気の店内は、日当たりがよく、字を書いたり読んだりするのに最適な場所。デザート系は充実してないように思えたけど、パスタは美味しそうだった。食事しないでコーヒーだけ飲むならこの店がクエンカNO.1!!
    一杯80㌣は脅威の安さ。このクオリティーで60円てw
    PB140598.jpg

    PB140599.jpg



    次にカフェ攻めできる街はどこかなぁ。
    ペルーでもコーヒー豆は獲れるけどあまり有名ではない。日本で飲んだときにクセがなくて美味しい豆だなと思った記憶はあるけど。ひょっとしたらチリやボリビアでも収穫してるかもしれないけど、あそこは標高が高すぎるために期待できない。ブラジルには行く予定だったけど、たぶん行かない。
    そうなると、ここが最後のカフェ攻めかもなぁ。なんて思うと少し寂しくなった。

    コーヒーの栽培条件は結構限られてて、生産国の多くは途上国だからどこでも栽培できるように思われがちだけど、北回帰線と南回帰線の間、つまり赤道から北緯・南緯25度以内しか獲れないんだな。これはコーヒーベルトと呼ばれている。
    さらには標高や適度な雨量も必要。意外と繊細な植物で霜が降りるところでは育たない。ロブスタなら様々な気候や疫病に耐えることができるけど、アラビカ種はこれらに弱い。
    以上のことから今は農法や物流が充実してて高価なものではなくなったけど、明治・大正・昭和初期時代には大変高価な趣向品だったことがよくわかる。その名残りで今もコーヒーと一緒に水をグラスで出す店があるのです。

    coffee20belt-h22-02-04-w.jpg



    はい、今日も能書きを垂れましたw


    さぁ、夜行でペルーいってみよー!

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/11/15 07:44】 | エクアドル Equador - Cuenca
    トラックバック(0) |


    三線マン
    何と!!エジプトのジェラードが3位に後退だと!!
    うーん、南米楽しみになってきた。
    あ、毎回ブログ楽しみにしてるよ~!!


    とる
    >三線マンさん
    嬉しきお言葉!
    南米期待していただいて大丈夫ですよ!ばっちり応えてくれます☆

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    何と!!エジプトのジェラードが3位に後退だと!!
    うーん、南米楽しみになってきた。
    あ、毎回ブログ楽しみにしてるよ~!!
    2011/11/15(Tue) 10:07 | URL  | 三線マン #-[ 編集]
    >三線マンさん
    嬉しきお言葉!
    南米期待していただいて大丈夫ですよ!ばっちり応えてくれます☆
    2011/11/15(Tue) 10:13 | URL  | とる #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。