東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    南米来てから虫さされがハンパない。どーもとるです。


    蚊だと思うんだけど、蚊にもいろんな蚊がいて跡とかゆみが日本のと全然違う!もちろんこっちの方が強力です。。

    着いたのが金曜日だったからか、マラカイボの夜はずいぶんと長い夜だった。午前2時まで起きてたけど、ミヒャエラは帰ってこず。翌朝、なんじに帰って来たのか聞いたら、

    「私、時計を見ないからわかんない。」

    ぁ、はーぃwドイツ人とは思えん。


    マラカイボの街はどこかキューバのような雰囲気がある。

    壁画アートがあったり。この壁画は奇抜すぎるけどねw
    DSCN5267.jpg

    キューバのオシャレ感はないけど、古いアメ車が走ってたり。
    DSCN5283.jpg

    雰囲気のある旧市街。
    DSCN5284.jpg


    朝、ミヒャエラの猫の食べ物を探しがてら歩いてたんだけど、、

    DSCN5268.jpg


    そこでみつけた有り得ないもの。


    DSCN5269.jpg

    マジか(汗)
    宿から100メートルぐらいのところなんですけど(滝汗)


    旧市街は公園を中心に綺麗な建物がいくつかあって。
    珍しい青色の教会。
    DSCN5275.jpg

    南米の教会には珍しい、立派な外観。
    DSCN5281.jpg

    内装もなかなか。
    DSCN5282.jpg

    磔の刑、、
    DSCN5277.jpg


    土日に面白そうなイベントがあるからもう一泊することにしたミヒャエラとバスターミナルでほっぺとほっぺを合わせて「チュ!」ってゆー慣れない挨拶を交わして俺はCaroという町行きのバスに乗った。(65BsF

    バスも宿もロンプラに載ってる価格の2倍~3倍ぐらいするんだけど、どーゆうことだろうか。そんなにインフレ率が高いのかなぁ。それとも闇為替レートが悪い?よくわからんけど、ベネズエラの物価はかなり高く感じる。

    マラカイボからカロまでは4時間程度だけど、その間に


    パスポートチェックが2回。

    そのうち1回はバスから降ろされて、バスに向かって手を挙げさせられてボディチェックを受けた。。完全に容疑者扱い。
    でもこれ、旅行者だけじゃなくて地元のベネズエラ人に対してもやってるからね。
    バスでテンションが高いおばちゃんに会ったけど、おばちゃんはチェックの度にキレてたw

    そのおばちゃん、すごいいい人で全然スペイン語がわからない俺にガンガン話しかけてくれた。もちろんスペイン語でw
    そして各国の通貨を集めてるようで、なぜかベネズエラの通貨をくれたw
    DSCN5287.jpg

    バスターミナルに着くと、タクシーを拾ってくれて俺が目星をつけてた宿まで行くように運転手に伝えてくれた。
    前職のときに一時期、

    マダムキラー

    と呼ばれたことがあったけど、ベネズエラでも健在だぜ!


    DSCN5285.jpg


    さて、人生史上最長になった髪の毛をいつどこで切ろうか。

    もう失敗はしたくない。

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/10/16 10:31】 | ベネズエラ Venezuela - Maracaibo
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。