東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    イギリス料理ってほんとにないんですね。どーもとるです。



    様々な歴史を作り、長年先進国と君臨し、王室を持つ国イギリス。
    そのイギリスの伝統料理が、、



    これだ!


    DSCN4550.jpg


    みなさんご存知のフィッシュ&チップスです。
    揚げた白身魚とフライドポテトです。

    程度の良いレストランでも「メイン」の欄にこのメニューが載ってて冗談かと思うけどどーやらマジらしいw


    王室があるから宮廷料理があるはずなのに、どーしてイギリスには立派な伝統料理がないんだろう。たまにフランス人がそれを揶揄して「俺たちがナイフとフォークを教えてやったんだ!」って言うけどさ。
    不思議。



    大英博物館同様、スコットランド博物館も入場無料ということでるんるんで行ってきた♪

    DSCN4528.jpg


    やべぇ。クオリティ、ハンパない。


    スコットランドの歴史、自然史、技術史、宇宙関連、、
    じっくり見たら午前と午後があっても足りないぐらいの充実ぶり!

    ティラノサウルスの全身骨格なんて神だぜ。
    DSCN4536.jpg

    展示の仕方も素晴らしく、標本は躍動感が溢れる。
    DSCN4538.jpg

    そしてノブナリ。
    DSCN4531.jpg


    レベル7は屋上で、ここからの眺めが素晴らしい!

    DSCN4530.jpg

    中世の姿を今に残すエディンバラ城。
    DSCN4529.jpg


    もっと館内にいたかったんだけど、いろいろと予定があったので名残惜しく退出。。やっぱり博物館は面白いねー!だから俺は上野公園が好き。


    エディンバラ城のふもとを散歩。
    DSCN4557.jpg

    ふらっと入ったカフェバーが歴史ある感じでオサレでした。紅茶とスコーン食べてふたりで5ポンドと高くない。
    DSCN4567.jpg


    イギリスは物価高で鬼のイメージがあったけど、実際そんなに高くないよ。
    レストランで食べても10ポンド以下で食べれるし。テイクアウト系なら2ポンドとか3ポンドとか。

    まぁ全てはポンド大暴落のおかげなんだけどねw
    てゆーか、感覚的に1ポンドが100円だから数年前が高すぎたんだって!1ポンド=250円だからね!異常でしょ。こーゆうときにソロスさん売ってくださいよ。ちなみに今はVISAのレートで1ポンド=128円です。

    確かに値段の割りに食べ物不味いし、その点では釣り合ってないと思うけど、オーストラリアより100倍マシw
    あそこの国はマジで酷い。。高くて不味くてサービスも悪くてオィオィな国ですw自然は豊かだけど、歴史を感じれない国であり(そもそもないのだから当たり前w)、さらには従軍慰安婦問題について日本は謝罪すべきであるという採択をした、反日国家である。


    また話がズレそうだw


    今日ATMで現金引き出して衝撃が走った!


    謎の紙幣が出てきた。


    奥が馴染みあるBOE発行のポンド。
    手前が疑惑の銀行券w
    DSCN4569.jpg

    日本では紙幣は日本銀行が、貨幣は日本政府が発行している。発行元は違うものの、いずれも「日本国」であることに違いはない。

    旧紙幣と新紙幣が流通しているなら話はわかるが、発行元の銀行が違うってどーゆうことやねん!w

    BOEは名前の通り、イギリスの中央銀行だけど、Clydesdale銀行とやらはどこの銀行じゃいwそしてどこの国じゃいw
    裏を見るとエディンバラの絵が描いてあってエディンバラをゴリ推ししていることからスコットランド政府が発行しているらしいことはわかった。。この紙幣はおそらくスコットランドでは使えるだろうけど、果たしてロンドンで使えるのか、、ATMから出てきたし、偽札ではないと思うけど、全く理解不能ですぐさまスーパーマーケットで消費w


    後で調べたら、

    イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島、チャンネル諸島、ジブラルタル、フォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。(Wikiより)


    だそうですw
    すげぇなぁ。イギリスでは商業銀行が発券できちゃうだなんて。まぁFRBも株式会社ですけどね。ロスチャイルド恐るべし。
    しかし、商業銀行の裁量権はどれほどあるんだろう。きっと発券できるだけで決定権はBOEにあるんだろうなぁ。
    そしてフォークランド諸島など本国から離れた場所のポンドが法定通貨として認められていないのはわかるけど、マン島は近いでしょうにw


    先進国は情報が多くていろんなことを考えさせられますね。



    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/09/05 20:01】 | イギリス UK - Edinburgh
    トラックバック(0) |


    名無し
    F&C、悲しいくらい味の想像ができて、実際食べたらその範疇にスッポリ収まりそうなのがまたさらに悲しい・・・

    イギリス料理のレポがあったら嬉しいなあ


    とる
    >名無しさん
    えぇ、想像の範疇にしっかりと収まる味ですwただ、衣がカリっとそしてガッツリついててクリスピー感があるのが少し違うぐらいですね。
    イギリス料理レポ、できたらしますねー!


    俺。
    あれ、結構世界にはこの例があるぞ。
    確か香港ドルも3~4くらい発行銀行が有って、図柄が違うはず。

    まあ、香港においてはそっちの方が通貨価値は安定しやすいやろうなあ。怪しい銀行ばっかだし。

    ところで、モンゴルでなんぞNPOだかのお偉いさんのインド人(国連のアドバイザーらすぃ)会ったけど、紹介しようか?
    カルカッタ在住だけどベンガル人で、バングラのプロジェクトもよく動いてるらしい。



    とる
    >keiさん
    そもそも商業銀行に紙幣発行権を与えられてるのが凄いなと。倒産したらどうなるんでしょうね。ま、リスク管理は徹底されてると思いますが。

    まだやることが煮詰まってないので、実際に動くことになれば是非協力して頂きたいです!ありがとうございます。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    F&C、悲しいくらい味の想像ができて、実際食べたらその範疇にスッポリ収まりそうなのがまたさらに悲しい・・・

    イギリス料理のレポがあったら嬉しいなあ
    2011/09/06(Tue) 09:13 | URL  | 名無し #-[ 編集]
    >名無しさん
    えぇ、想像の範疇にしっかりと収まる味ですwただ、衣がカリっとそしてガッツリついててクリスピー感があるのが少し違うぐらいですね。
    イギリス料理レポ、できたらしますねー!
    2011/09/06(Tue) 16:03 | URL  | とる #-[ 編集]
    あれ、結構世界にはこの例があるぞ。
    確か香港ドルも3~4くらい発行銀行が有って、図柄が違うはず。

    まあ、香港においてはそっちの方が通貨価値は安定しやすいやろうなあ。怪しい銀行ばっかだし。

    ところで、モンゴルでなんぞNPOだかのお偉いさんのインド人(国連のアドバイザーらすぃ)会ったけど、紹介しようか?
    カルカッタ在住だけどベンガル人で、バングラのプロジェクトもよく動いてるらしい。
    2011/09/08(Thu) 19:04 | URL  | 俺。 #-[ 編集]
    >keiさん
    そもそも商業銀行に紙幣発行権を与えられてるのが凄いなと。倒産したらどうなるんでしょうね。ま、リスク管理は徹底されてると思いますが。

    まだやることが煮詰まってないので、実際に動くことになれば是非協力して頂きたいです!ありがとうございます。
    2011/09/08(Thu) 20:49 | URL  | とる #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。