東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    マイナー途上国最高。どーもとるです。

    途上国の人は基本的にどこの国も親切で最高なんだけど、その中でも特に


    「観光客のいない国」


    の人がちょーアツいと個人的には思う。

    東ティモールでも田舎に行ってバスをなくしたときに家に泊めてくれたり、バングラでは何度もチャイをご馳走になったり、民家で昼ごはんや夜ごはんを何度も頂いたりした。

    ここ、アルバニアもしかり。


    知らない土地に着いてキョロキョロしてるとタクシーの運転手がすぐさま声を掛けてくるのは途上国の常識で、ある程度の知識(土地感や相場)がないと高確率で騙され、ボラれるのも常識w
    でもアルバニアでは、バス停の場所を丁寧に教えてくれたり、目の前を横切るローカルバスを静止してくれたりするのです!!!

    これはかなりの衝撃。


    途上国のタクシー運転手のオヤジが自分の商売をそっちのけで親切に教えてくれるだなんてありえんw
    観光客擦れした国でこんなこと言ったら、

    「もうバスはなくなった。タクシーで行くしかないぞ。」

    という模範解答が返ってくることでしょうw


    他にも商店で水を買っただけなのに、チョコバーをタダでくれたり、バスに乗ってて寝過ごしちゃったんだけど、無料でタクシーに乗り換えさせてくれたり、町にいる人は笑顔で話しかけてくれたり、、


    物価が安くて人が良い国最高!


    おまけにアルバニアは歴史が複雑で面白いし、緑も豊かでちょー綺麗!
    GjirokastraからBeratってゆーこれまた世界遺産の町にバスで向かう途中に流れてた川はアドリア海のようなエメラルドグリーンで人生史上最高の綺麗さだった。

    GjirokastraからBeratへはたぶん直通はなくて、Tiera行きのバスに乗ってFierという町で乗り換える。
    Gjirokastra→Fier 約2時間 300Leke
    Fier→Berat 約1時間 250Leke


    Beratには安宿らしい安宿はなくて、ロンプラに載ってる安宿は50€の部屋しか空いてなくて、「Hotel」という名前のホテルwが20€だったからそっちにした。
    バスターミナルからすぐ近く。徒歩2分。


    ベラトの町は別名「千の窓の町」と呼ばれていて、赤い屋根に白いレンガの家がたくさん建っていて、一つの家に付いている窓が多いのが特徴。これはオスマントルコ時代から続く伝統的な家屋だそうだ。つまり約600年(汗)

    DSCN3801.jpg

    DSCN3798.jpg

    DSCN3799.jpg

    DSCN3803.jpg


    ビザンツ時代の教会も多く残ってるけど、イスラムのミナレットもあって、時間になるとアザーンが聞こえてくる。この国は20世紀に共産主義国になったけど、今なおギリシャ正教やイスラム教が深く根付いているそうだ。

    ヨーロッパだけど、途上国で、様々な宗教があって、深い歴史があって、自然もあって、人がめちゃくちゃ良い国、アルバニア。あとね、小さい子と若い女の子がちょーかわいいw(彼女同伴のため撮影許可下りずオワタ)


    アルバニアめちゃいい。

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/08/06 22:06】 | アルバニア Albania - Berat
    トラックバック(0) |

    うれしい!
    れれ
    はじめまして。
    BERAT出身の旦那様を持つ大阪出身のれれと申します。
    偶然BLOGを見つけ、BERATをほめていただいて思わずうれしくなってコメントしています。

    主人の実家がBERATなので、何度も訪れていますが、人の良さ、空気のおいしさ、食べ物はぴか一です。

    日本人が忘れてしまっている何かをこの国はまだ持っていると思います。




    とる
    >れれさん
    はじめまして!こーゆうコメントほんとに嬉しいです!
    Berat出身の旦那さんですか、素敵ですね!アルバニアは数日しかいませんでしたが、時間が許すのであればもっといたかったです。アルバニアを流れてる川ってなんであんなに綺麗なんですか?あれほど綺麗な川は今まで一度も見たことなかったです!アドリア海の美しさはアルバニアを流れる川が造ってるんじゃないかと思うほどの美しさでした!大変感動したのを今でもよく覚えてます。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    うれしい!
    はじめまして。
    BERAT出身の旦那様を持つ大阪出身のれれと申します。
    偶然BLOGを見つけ、BERATをほめていただいて思わずうれしくなってコメントしています。

    主人の実家がBERATなので、何度も訪れていますが、人の良さ、空気のおいしさ、食べ物はぴか一です。

    日本人が忘れてしまっている何かをこの国はまだ持っていると思います。

    2011/10/17(Mon) 11:37 | URL  | れれ #-[ 編集]
    >れれさん
    はじめまして!こーゆうコメントほんとに嬉しいです!
    Berat出身の旦那さんですか、素敵ですね!アルバニアは数日しかいませんでしたが、時間が許すのであればもっといたかったです。アルバニアを流れてる川ってなんであんなに綺麗なんですか?あれほど綺麗な川は今まで一度も見たことなかったです!アドリア海の美しさはアルバニアを流れる川が造ってるんじゃないかと思うほどの美しさでした!大変感動したのを今でもよく覚えてます。
    2011/10/17(Mon) 11:56 | URL  | とる #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。