東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    自分のクソ見てガッツポーズ。どーもとるです。





    カテゴリー3までいった下痢から急回復しました!昼寝6時間、夜寝10時間して断食したら治った。てゆーか、長時間の睡眠は意図してやったわけではなく、体が弱りすぎて自然とそうなったというw
    下痢からの回復と引き換えに、



    南京虫にやられました。



    バングラの安宿以来、約1ヵ月半ぶりの南京虫。。今回のヤツは被害範囲は限られるものの、噛まれ痕がデカい!2、3個くっついてドカン。ってかんじ。
    ちきしょー!やつらの発生条件が整ってる宿で出そうな感じがしてたんだけどねぇ。手首と首をやられてるからたぶん枕だな、、あの枕カバーのない枕!明らかに干してないし、洗濯してない枕!くーーー!


    内陸国なのにオーナーがよほどのペンギン好きなのか、、ぃや、適当に付けただけだと思うw
    Jinjaの安宿。シングル15,000Ush(30,000Ushからの値切りw)
    DSCN2789.jpg





    ウガンダの首都のカンパラから東に80㌔行った、Jinjaというこの町はThe source of River Nileで有名な場所。ナイル川の水源はLake Victoriaだけど、そこからVictoria Nileという川がエジプトまで通ってんだな。その距離なんと



    6400㌔



    すげぇ川だなwもう川じゃねぇーだろw違う単語を与えるべきw

    DSCN2785.jpg





    Jinjaではラフティングが有名で、欧米人はこれをやるためにJinjaに行くらしいけど、俺は特に興味なかったからそのナイル川が始まるところをサラっとみて移動。

    こっからケニアとの国境までは120㌔弱。
    MalabaとBusiaという村が国境にはあって、Kampala-Nairobiのルートを行く人は通常Malabaを通る。俺はいきなりNairobiは目指さずに、田舎路線を選択したため、Malabaより少し南にある、Busiaを通った。ケニアVISAは国境で簡単に取れて、3ヶ月間滞在可能で25USDとは非常に良心的。手続きも簡単で「Jambo!Mambo!」なんて言ってるうちに一瞬で終わるw


    寂れた国境w
    DSCN2790.jpg




    猿岩石の気分で国境を越えたらまずBusiaからKisumuまで行き、Kisumuでミニバスを乗り換えてKisiiという村まで来た。UgandaのJinjaからKenyaのKisiiまで一日で移動を済ませたんだけど、この間常にミニバスで、このミニバスが激狭い!
    トヨタのハイエースを使ってて、運転席のある一列目はそのまま汎用シートを使ってるんだけど、後部座席が改造してあって、3列シート×5になってんのw
    しかも3列シートに4人乗るもんだから、乗客は20人。さらに一人や二人が乗りーの、さらに子どもも乗りーので25人ぐらいか。
    ちょくちょく停まって人が入れ替わるんだけど、基本常に乗車率100%越えw
    隣の人が降りて3列シートに3人掛けで楽になったと思ったら、




    ミニボブ・サップきたーーー!!!!



    しかも隣の人が降りちゃったから軽く座席変換が行われて、俺は板の上に。板の上ってのは座席と座席の間のわずかな隙間に板割りに使うような板を置いて4人座れるようにする、それです。一番最悪な席ですね、はぃ。隣ボブ・サップで最上の最悪です。
    マジでデブは世間の敵だぜー!

    まぁこんなことも日本じゃありえないし、劣悪でも楽しんじゃってますw
    この前なんて普通車に大人が8人乗ったぞ!後部座席に4人はまだわかるけど、運転席に4人っておかしいだろ!前の一人ケツ浮いてて笑えたw




    ところで、海外に行ったことある人はよく経験したことあると思うんだけど、カタカナ表記、、というか日本だけの発音やめて欲しくない?

    例えば、「Kenya」
    ケニアって言っても通じないよ!ケーニャだよ!
    「Egypt」だって、エジプトじゃなくて、イジィプトだし。
    「Dubai」はドバイでなく、ドゥバイでしょ。
    「Europe」はヨーロッパでなく、ユーロップだろー。
    通貨の「Euro」はユーロって言うし書くのになんで「Europe」はヨーロッパなんだ?


    カタカナ表記が難しいならアルファベットを使えばいいし、カタカナを使うにしてももっと努力できると思うけどなぁ。日本語の不思議。





    小ネタは続きますw

    東アフリカに来て驚いたことは数多いけど、その中のひとつに「通貨安」がある。経済に興味がある俺は物価とか通貨にも当然興味があって、FRBが米ドルを刷りまくって世界にばら撒いてるため米ドルは他国通貨、特に新興国通貨に対しては弱含む運命にあると思っていた。アジアでいうとカンボジアやラオス、東ティモールなどでは余裕で米ドルが使える。ちなみに沖縄でも米ドルは使えるw(これは特殊要因に因る)
    ここ数年アジア通貨は米ドルに対して強含んでいる。「紙くず」と揶揄されるラオスのKIPという通貨でさえ、4年前は1$=10,000KIPだったのが、今では1$=8,000KIP程度だ。4年前から20%も上昇している。
    ラオスのCPIがどれくらいかわからないけど、恐らく年率5%以上だと思う。と、なると年率5%のインフレ下にもかかわらず、対ドルでは年率5%の通貨上昇ということはCPIと為替だけを見るとラオスKIPは実質的に年間10%対ドルで上昇していることになる。

    さて、本題の東アフリカ通貨はどうだろうか。
    なんと、予想に反して大幅に対ドル安が進行中である。東アフリカ経済なんて世界経済下で表題に上がることなんてないからレポートなんて皆無だし、一回も読んだことがないからほぼ知識はないけど、通貨の動きを知ると驚く。
    タンザニア・ルワンダ・ウガンダ・ケニアいずれも5年前より大幅安!
    中でもウガンダシリングが酷い。1$=1,800Ushだったのが今や2,500Ushだ。通貨の動きを見るだけで物凄くインフレが進んでいることがよくわかる。だからその将来的なインフレを見越してなのか、ウガンダでは5年前より宿代が2倍~3倍になっていた。。それにしてもインフレに備えすぎな気がする値段設定w
    インフレの観点からすると日本円が買われる理由が見えてくる。なぜ日本円が買われるのか。そう、デフレだから。世界中で唯一のデフレ国ニッポン。この国は物価が下がり、通貨の価値が上がる国。
    「将来的にお金の価値が上がる?じゃあ何も買わずに現金で置いておこう。」
    デフレとはそんなような状況だ。GDPの構成要素は輸出入のネット以外は消費である。そして日本のGDP内訳は消費がほぼ100%占めている。だから日本は経済成長しない。
    じゃあなぜ日本はデフレに陥ったのか、マネーサプライを増やしてもインフレにならないのか。それはまた機会があったときに書こうw


    経済発展しない国の通貨が買われる。株売りの通貨買い?



    金融・経済の世界は面白いなー。てゆーか自分の視点面白いなぁw
    一人旅だと他人(主に若者)から「どーでもいい。」って言われそうなことばっかり思い浮かんでね。ネタが溜まりまくってます!またいつか吐き出しますよ、どーでもいいことw


    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/06/27 18:12】 | ケニア Kenya - Kisii
    トラックバック(0) |

    アフリカの洗礼
    ひとひと
    インド・アフリカと下痢洗礼は付きまとうな。入口・出口には特にご注意を!14カ国訪問より、移動距離は凄い数字だな。まして超過酷乗車で?


    toru
    >ひとしさん
    移動距離は全然大したことないよ。
    Jinja - Kisiiで300キロぐらいじゃないかな。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    アフリカの洗礼
    インド・アフリカと下痢洗礼は付きまとうな。入口・出口には特にご注意を!14カ国訪問より、移動距離は凄い数字だな。まして超過酷乗車で?
    2011/06/28(Tue) 10:18 | URL  | ひとひと #-[ 編集]
    >ひとしさん
    移動距離は全然大したことないよ。
    Jinja - Kisiiで300キロぐらいじゃないかな。
    2011/06/28(Tue) 21:40 | URL  | toru #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。