東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    アフリカ人の顔が覚えれません。どーもとるです。





    「昨日会ったじゃん!覚えてないの?」
    「ごめん、マジで覚えてない。。」


    そんなやり取りを一日に2、3回はやってますw



    宿を変えたり、ローカル路線を独自開拓したらタンザニアの生活がわかってきた!
    観光客向けのものはバカ高いけど、地元民のものは安い。カットフルーツが200Tsh、約10円だからアジアより安いw食事も食べれないほどの量のご飯orウガリとおかず2種類付きぐらいで1000Tsh、約50円。などなど。とことんローカルでいけばかなり安く上がることが判明。
    そして、ここは島だから魚介類がうまい!魚の塩焼きとか、タコの素揚げとか、自然な味が好きな俺には最高だ。ハードタイプの長方形型のパンがよく売ってて、小さいやつは1個150Tsh、約8円。激安ww

    DSCN2685.jpg




    気候もDubaiから来た身からすれば天国♪
    日中は28度ぐらいで日差しは強いけど乾燥してて日陰は涼しいし、夜は20度ぐらいかな。めちゃくちゃ快適!

    Stone Townは名前のとおり、石造りの建物が多くて、路面は石畳。細い通りが多くて迷子になりそうだけど、インドのヴァラナシに比べれば大したことはない。

    DSCN2688.jpg



    このザンジバル島は1500年頃にポルトガルの入植が始まり、その後支配者はオマーンに変わる。香辛料などの貿易で栄えた島だが、奴隷貿易も大いに行われたようだ。1873年まで奴隷市場(Slave Market)が存在していて、ここは世界中で最後まで開いてたそうだ。1874年に奴隷市場のあった場所に教会が建てられ、今ではそこがひとつの観光名所となっている。Bishop Edward Steereというイングランド人が奴隷貿易の停止と教会の設立に尽力したようだ。イギリスって国は悪事も枚挙に暇がないけど、良いこともしてんだね。
    ウズベキスタンに行った時も「奴隷市場」に触れる機会があったけど、奴隷って植民地支配を想像させる=宗主国のイメージがあるけど、アラブ人も大商いしてたんだね。奴隷は日本とは縁遠いからなぁー学校で習った記憶もあまりない。


    教会とモスク。
    DSCN2691.jpg



    奴隷の待機部屋は地下にある。
    天井が低くて(170㌢ぐらい)、湿っぽいところだった。当然ながら気分は悪い。。プノンペンのストゥントゥレン刑務所を思い出した。。
    DSCN2690.jpg




    リアルすぎるモニュメント。
    DSCN2693.jpg




    ザンジバル島の歴史は面白くて、陸地のタンザニアがクリスチャンとムスリムが半々なのに対して、この島はほとんどがムスリム。その理由は歴史を知れば納得できる。
    元々は漁村にすぎなかったこの島だけど、地理的条件から10世紀にはアラブや中国の商人が商売をしていて、象牙や奴隷をペルシャ湾を経て、インドや中国へ輸出し、綿花や陶器、米などをインドや他の国々から輸入していたそうだ。当時のものが博物館には展示されてて、多数の国と交易があったことは異国から来た様々な品から容易にわかる。
    15世紀後半にヴァスコ・ダ・ガマがやって来てから17世紀後半までポルトガルが地元有力者と手を結び、統治をした。東アフリカ海岸からは金と象牙が輸出され、対価として香辛料が輸入された。
    19世紀には多くのインド商人やアラブ商人がこの島に住みつき、大いに栄えた。インド人はマーケットの狭い通りに家を建てて商売をし、アラブ人は海の前に家を建てたそうだ。それぞれ家の特徴があって、その特徴を知っていると街歩きが楽しくなる!

    手前がアラブ系、奥がインド系だと思われる。アラブ系は簡素な石造りに対して、インド系の家は木彫りのバルコニーが付いている。
    DSCN2700.jpg





    1890年にイギリス政府の保護下に置かれ、完全に独立したのは1964年。まだ50年も経っていない。独立の際に、陸地のTanganyikaと共に独立したため、Zanzibarと名前をくっつけて「Tanzania」という国名になったそうだ。
    ザンジバル島に未だにイミグレがあるのはそのためだ。



    つくづく歴史って面白いなぁ。
    昔のことに想いを馳せながら当時のものに触れるとなんだかワクワクする!!過去と現在のつながりはホントに面白い。そして現在と未来もつながっているんだと思う。



    National Museumは1883年に建てられたイギリス風の木造建築を居抜きで使っていて雰囲気が良い。
    年表らしいものがないのが残念だけど、展示品の数や英語の説明書きなどはバッチリ。
    DSCN2699.jpg






    Stone Townの近くに干潟があって、そこでは多くの小魚が獲れる。彼らの漁を見ながら今にも落ちそうなぐらい大きくなった線香花火のような真っ赤な夕日が海に吸収されていくのを見届けた。

    DSCN2680.jpg



    ボラれまくって始まったタンザニアだけど徐々に慣れてきたぞ!
    今日の夜ザンジバル島を出てガッツリ移動しまーす。そうだなぁ、1000㌔ぐらいw


    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/06/13 21:23】 | タンザニア Tanzania - Zanzibar
    トラックバック(0) |


    oppore
    7月下旬とか、合流ワンチャンあるかもしれん。

    奴隷
    ひとひと
    確かに奴隷は、教科書だけの死語だな。中国の纏足、各国の刺青など習慣・風習は今流に変化・無くなってきている。でも奴隷は現代でもある・・・我が家に?


    -
    お久♪

    読んでたら、社会の授業みたい・・・と思ってしまった。
    カタカナがいっぱいだね。

    にしても、夕日はどこで見ても、綺麗だね◎


    toru
    >oppore
    ぉー!アツイじゃんそれ!7月下旬は東欧が濃厚。アドリア海からウクライナの間ぐらいかなぁ。

    >ひとしさん
    センスないコメントはよしてくれw

    >
    お久しぶりですー!
    まぁ外のことですから基本的にカタカナですよねー。

    てゆーか、誰w


    taki
    ごめん、ごめん。
    わたくしです。takiでした◎




    oppore
    たっきーでたー
    7月嘘かも8月とかかも。


    toru
    >oppore
    とりあえず、パスポート申請したら?w
    takiさんはたっきーのお父さんね!

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    7月下旬とか、合流ワンチャンあるかもしれん。
    2011/06/14(Tue) 00:59 | URL  | oppore #-[ 編集]
    奴隷
    確かに奴隷は、教科書だけの死語だな。中国の纏足、各国の刺青など習慣・風習は今流に変化・無くなってきている。でも奴隷は現代でもある・・・我が家に?
    2011/06/14(Tue) 13:03 | URL  | ひとひと #-[ 編集]
    お久♪

    読んでたら、社会の授業みたい・・・と思ってしまった。
    カタカナがいっぱいだね。

    にしても、夕日はどこで見ても、綺麗だね◎
    2011/06/14(Tue) 22:54 | URL  |  #-[ 編集]
    >oppore
    ぉー!アツイじゃんそれ!7月下旬は東欧が濃厚。アドリア海からウクライナの間ぐらいかなぁ。

    >ひとしさん
    センスないコメントはよしてくれw

    >
    お久しぶりですー!
    まぁ外のことですから基本的にカタカナですよねー。

    てゆーか、誰w
    2011/06/16(Thu) 22:30 | URL  | toru #-[ 編集]
    ごめん、ごめん。
    わたくしです。takiでした◎

    2011/06/17(Fri) 21:18 | URL  | taki #-[ 編集]
    たっきーでたー
    7月嘘かも8月とかかも。
    2011/06/19(Sun) 03:23 | URL  | oppore #-[ 編集]
    >oppore
    とりあえず、パスポート申請したら?w
    takiさんはたっきーのお父さんね!
    2011/06/20(Mon) 00:03 | URL  | toru #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。