東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ダルシムはどこぞ。どーもとるです。




    この町でダルシムとすれ違っても気づかないかもしれない。


    imagesCAOCO78D.jpg



    ぃや、気づくなw




    ガンガーといえば、沐浴である。


    朝日とガンガーと沐浴。
    友と胃袋とコーヒー。

    DSCN2438.jpg




    ヴァラナシはとてもインドらしい町だと思う。インドらしいとは何か。それを説明するのは非常に難しいけど、人と人、人と動物、生ける者と亡き者、過去と現在、有と無、、それらの距離が異常なほど近い。

    建てられたのは100年前か200年前か、もしかしたらもっと前かもしれない。そんな年季の入った建物が乱立し、時には牛さえも譲り合うほどの細い路地が入り組む。

    DSCN2445.jpg

    DSCN2441.jpg




    「お金ちょーだい!」

    「チャイが飲みたい!」



    という要求を容易にはねのけ写真を撮った。どこの国でも子どもは可愛い。彼らと仲良くなるのに時間はかからない。

    DSCN2447.jpg





    少しヨガをかじってみたけど、ヨガって面白いね!なんかスポーツみたい。てか簡単に言ったら「体操」だね、アレw
    俺めっちゃ体硬いんだけど、ボディバランスはいいから難しいポーズも結構無難にこなせて楽しかった♪定期的にできたらいいけど、ガンガン働いてたらそんな時間取れないよなぁ。ま、そんなこと言ったら何もできなくなっちゃうけど。また働き始めたときに余裕があればお茶とヨガを趣味にしたいね。




    ヴァラナシにはホントに野良牛が多い!川岸とか広いところにいるならまだしも、平然と路地に留まっている。。



    「なんでこんなところに牛が。」



    というところに彼らはいる。。デカい牛はほんとにデカくて何もしてこないのがわかっていても何となく怖い。。武器装備(ツノ)してるし。

    DSCN2453.jpg

    DSCN2455.jpg

    DSCN2456.jpg

    DSCN2458.jpg




    おまけに野良ヤギもいる。こんな無防備なヤギ見たことないwこいつらは草食動物の中でも食物連鎖の下の方に位置していて無用なほど臆病なはずなのに!

    DSCN2457.jpg





    こいつらあまりにも暢気で腹が立つ!ここにコモドドラゴンを連れて来たい!そしたらたちまちこうなるであろう!!



    DSCN1478.jpg




    シメシメw





    そんな野良牛たちからも学ぶものがある。




    動物も人も安きに流れる。人はヒトである前に動物なんだ。




    俺の宿はメインの場所から離れているため周囲に目印がなく、簡単に迷子になるw10分も歩けばもう元の場所へ戻ることはできない。方向感覚には自信があって、方角がわからなくなったり、元の場所に戻れなくなることはジャングル以外ではほとんどないんだけど、この町は尽くその自信を失わせるw自分の感覚を信じられなくなるのはマジで衝撃そして時に恐怖。昼間ならまだ陽が昇ってて方角はわかるけど、夜に出歩いたら軽く半泣きになるw
    街頭は所々しか点いてないし、オレンジ色で薄暗くて不気味。そして昼間は仮死状態の野良犬たちが群雄闊歩し、我が世を謳歌している。。彼らは昼間は呼吸もせずに死に体のようなのに夜は大いに吠え、ゴミを喰い漁り、狭い路地を疾走する。。

    野良犬を見るたびに俺の思考は




    野良犬→狂犬病→発病したら致死率100%アワワワガクブル




    となるw


    夜に出歩くことはあんまりないんだけど、なんとなくチャイが飲みたくなって22時過ぎに宿を出たんだけど、案の定10分で迷子(泣)

    人の気配がないところに来ちゃって、これはマズイ。と思い、引き換えしたんだけど




    「あれ?ここさっき通ってなくね?(泣)」




    真っ暗な物陰からいきなり3歳児が出てきたりして怯える27歳の俺。。

    人とすれ違ったと思ったらそれは牛だったり。。

    犬が寝てると思ったら人だったり。。




    そもそも夜にチャイがあるわけないwあれは昼間の飲み物だ。



    と思ったらありました閉店間際のチャイ屋がw



    オヤジは「まぁ座って飲め。」と何杯も冷めたチャイを注いでくれた。閉店間際の出血大サービスだろうか。やけに優しい。そこで宿までの行き方も聞けたし、軽く礼を言い、そろそろ行くわ。と告げると、







    「待て。3ルピー×5杯で15ルピーだ。」




    そうか、、そうだよな


    ここはインドだったな。


    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/05/30 23:31】 | インド India - Varanasi
    トラックバック(0) |


    俺。
    インドならそこは100ルピーとかぼったくられるところやぞww
    15ルピーwww

    遺跡訪問
    ひとひと
    インドは相性が悪いみたいだな。インドの世界遺産訪問記事が出てこないね。


    toru
    >keiさん
    観光客密集地と離れてるところですからね、善人が多い。というか、それがふつーだと思うんですけどw

    >ひとしさん
    この町、世界遺産に登録されてもいいと思うよ!決して世界遺産だけが素晴らしいわけではない。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    インドならそこは100ルピーとかぼったくられるところやぞww
    15ルピーwww
    2011/05/31(Tue) 00:48 | URL  | 俺。 #-[ 編集]
    遺跡訪問
    インドは相性が悪いみたいだな。インドの世界遺産訪問記事が出てこないね。
    2011/05/31(Tue) 13:03 | URL  | ひとひと #-[ 編集]
    >keiさん
    観光客密集地と離れてるところですからね、善人が多い。というか、それがふつーだと思うんですけどw

    >ひとしさん
    この町、世界遺産に登録されてもいいと思うよ!決して世界遺産だけが素晴らしいわけではない。
    2011/05/31(Tue) 16:19 | URL  | toru #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。