東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    僕らのBogra。言ってみたかっただけ!





    どーもとるです。



    バングラはダッカでもみんな親切なんだけど、田舎の人はさらに親切!

    ハンパない汚さと臭いがちょっと気になるけどねw

    Bograに来てからは宿泊費以外ほとんどお金使ってない!というのも、知り合った人々がおごってくれるから。
    たぶん、旅で一番おごってもらってる。




    タダより高いものはない。




    ということではなく、彼らの心が素晴らしいと思う。この国は一人当たりのGDPが500㌦程度。そんな国の人々におごってもらう気持ちはなんとも言葉にしにくい。ほんとに有難く、嬉しく思う。


    Bograではおそらく一番有名な安宿に泊まってて、一泊120タカ。(135円ぐらい)



    安すぎる!



    でもしっかり値段に見合った部屋であるw

    DSCN2409.jpg

    このクソ狭い室内に、シャワーとトイレと洗面台が付いてる。。狭い。



    まぁ、俺は南京虫さえでなければどこでもいいから問題なしw



    スタッフは全然英語が話せないけどフレンドリー。
    DSCN2407.jpg

    俺はこの宿が好きだ、「Bogra Boarding」




    この宿の近くにミシン屋があって、そこの息子がめちゃくちゃよくしてくれる!


    ニックネームは「CHOYAIN」


    ミシンは中国から輸入してて、きっと中国人にわかりやすいニックネームを使ってるんだと思う。
    彼は17歳の頃に結婚して、最近まで10年間もサウジの石油プラントで働いてたらしい。そんな彼が教えてくれたんだけど、

    サウジでの石油価格





    1㌦ = 9㍑




    採掘コストがバレル4㌦とか言われてるからね。すごい商売だ。。



    彼はいちおームスリムなんだけど、酒を飲むwしかも隠れて!
    彼は夜になるとどこからか酒を調達してきて、いつも彼の運転でバイクに乗って田んぼのど真ん中に行って飲むのであるw

    彼は「違法じゃない!」と言うけど、明らかに隠れて飲んでるw

    酒代もご飯代もチャー代もリクシャー代もなんでも払ってくれて、今日は彼の家で昼ごはんをご馳走になった!


    CHOYAINの父親の店で働く工員。(CHOYAINのパシリw)
    DSCN2410.jpg

    彼らはパシられることに慣れているのか、俺の水とかも買ってきてくれるようになったw
    そして、彼の店の前にあるチャー屋ではなぜか無料でチャーが飲めるw




    CHOYAINの友人、RONEYと三人で10㌔ほど離れた大きな湖に行った。

    ドラエモンみたいなのがCHOYAIN 左がイケメンのRONEY 右端は20年前の佐野四郎カットの俺
    DSCN2411.jpg


    帰りがけに心地よい風と共に見た、緑の大地に沈む夕日がバングラの国旗そのもので感動した。





    Bograはほんとにいいところだった。去るのが惜しくなるのは久しぶりだ。

    明日の朝、カオスな大都市ダッカへ戻ります!


    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/05/20 20:13】 | バングラデシュ Bangladesh - Bogra
    トラックバック(0) |


    いーこ
    髪型-!!!

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    髪型-!!!
    2011/05/23(Mon) 14:27 | URL  | いーこ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。