東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    主食は葛根湯。どーもとるです。




    喉の痛み→熱っぽい→下痢
    のローテーションだったここ数日。下痢は断食すれば治るから楽勝。4食ぐらい抜いたかな。今日の夜は食べるぞ!がうー。

    とは言え、プチ断食のため少しは何か食べましたw

    プリンっぽいものに再び挑戦。
    素焼きの器がいい感じである。

    DSCN2369.jpg




    実食!




    ・・・





    プリンじゃないない!!!!!


    見た目は完全にプリンなのに味は、、なんというかヨーグルトみたいな感じで甘酸っぱい。まずくはないけど、二度目はないなw


    バングラ名物のリキシャー。
    DSCN2335.jpg

    彼らのプライドの高さには恐れ入るものがあって、明らかに最下層の職業なのに、自分が行く気がしない場所だと乗車拒否するからね!値段交渉の末に、、じゃなくて、門前払いだよ!場所名言っただけで。衝撃でしょ。低所得者がお金に媚びないなんて凄すぎる。。俺は彼らの姿勢には見習うべきものがあると思ってるからそんなぶっきらぼうな彼らが好き。かっこいいと思う。SIKANDAR氏はいつもキレてるけどw
    基本的に愛想の悪いリキシャーだけど、写真を撮った彼は愛想が良かった。





    今日はね、大気汚染を中心に環境が劣悪なダッカから田舎へ移動してきました。ダッカから北へ200キロぐらい行ったところにある町、Bogra。

    Bograへの行き方はダッカ市内の東の方にある、Gabtali Bus Stationから大型バスが頻発。220タカ。約5時間。



    「バングラデシュへ行く。」


    と言うと、


    「なんで?何をしに?そこには何があるの?」と誰もが聞く。
    でも俺はバングラには見所がたくさんあると思う。その理由は第一に、




    この国には歴史がある。




    全然知られてないんだけど、今俺がいるバングラデシュの北のエリアには紀元前4世紀に文明が興った。そして、比較的近代の話で言えば、ムガール帝国の首都が1610年にダッカに移ったのである。日本で言うとちょーど江戸時代だね。日本でも中心地が京都から江戸へ移ったように親近感を覚える。

    これだけでバングラに興味持つでしょ!!


    Bograの中心地はSat Mataという円形状の交差点。英語ではSat Mataと表記するようだけど、現地人の発音はShato Mata
    バングラでは英語表記と現地人の発音が結構違う。特に、aとoが違う。英語圏の人間にはそのように聞こえるのかなぁ。英語表記の発音をすると度々訂正される、もしくは通じないw

    Bograは大昔、とある王朝では首都だったらしい。なのでこの付近には遺跡が点在している。今日はBograから北へ10㌔ほど行ったところにある、Mahasthanへ行って来た。

    Mahasthanの町の中心地から周囲約5㌔内に遺跡が点在してる。自力で見るのは不可能。一番有名なMahasthangarだけを見るなら徒歩でも可能。Mahasthangarは城壁に囲まれた遺跡でその長さは合計で約1500㍍。昔はどうだか知らないけど、城壁と言っても今は非常に低い。ちなみにMahasthanは現地人の発音では「Mohostan」

    「Mahasthangar」
    DSCN2385.jpg


    ここに紀元前4世紀~6世紀まで様々な王朝が存在した。Pre Mauryan,Mauryan,Gupta,Pala,Muslim,,
    グプタ朝ってなつかしいな!名前だけしか覚えてないけどorz
    旅してると世界史勉強したくなるわー。だいぶ忘れちゃってるし、知らないことが多すぎる。まぁその都度ネットで調べればいいんだけど。いい本があったら買おう。

    Mahasthangarの近くに博物館があるんだけど、




    本日休館。



    はうあorz


    軍人みたいな門番に交渉したら中庭だけ見せてくれた。50タカ払って。最初は100タカって言われたんだけどね。50タカでも結構な額なのに。てか賄賂だし!

    DSCN2382.jpg


    仏陀像もあるし、SIVAのLINGAもある。さすがいくつもの王朝が存在しただけはある!博物館入りたかったなぁ。。
    ぁ、リンガってのはね、ちんこのことです(爆


    ブッダ像。
    DSCN2381.jpg

    シヴァのそれ。
    DSCN2380.jpg





    Mahasthangarの城壁をひとりで歩いてたら現地の若者に声を掛けられて、一緒に観光することに!彼らはBograに住んでる学生でテンションが高くて親切でちょー楽しかった!


    Godul Medh
    6世紀~7世紀に造られた仏教遺跡。
    DSCN2373.jpg



    今は遺跡を取り巻くように村があって、集落の中に遺跡がある感じ。
    すごくのんびりした雰囲気でこーゆう場所はすごく好き。

    DSCN2390.jpg




    結局彼らと3、4時間一緒に回ってホント楽しかったしいい思い出ができた。バングラ人はみんな親切で優しい♪

    左から
    ムードメーカーのALIM
    誠実なOBIDUL
    親切なRASEL
    最年長で兄貴分のSAIFUL


    DSCN2388.jpg



    ありがとー!

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/05/17 21:10】 | バングラデシュ Bangladesh - Bogra
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。