東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    二日連続同じトランクスをはくのは常識。どーもとるです。



    移動が重なるとどーしてもね。暑かったら替えるけど、暑くなけれりゃ続投です!浅尾並みの連投です!


    後ろ髪をひかれる思いでCaliを後にして、Popayanという町へ。
    Cali→Popayan 所要時間3時間、12,000COP


    ポ パ ヤ ン

    って響きなんかダサくね?w

    でもロンプラさんにすごく良さ気なことが書いてあってね。

    カルタヘナと同じような歴史を持ち、スペイン統治時代のコロニアル調の建築、白壁の建物、重要度の高い博物館、教会などがある。さらには、コロンビアで一番の大学もあり、教育に非常に熱心でカフェ文化もある。
    1537年に造られたこの町は、キトとカルタヘナを結ぶ道の中継地点として栄え、政治・文化・宗教の中心地となった。この町の持つ、穏やかな気候はCali近郊でさとうきびの大規模プランテーションを行い、裕福になったスペイン統治者たちを魅了し、大いに栄えた17世紀から18世紀には素晴らしい教会や修道院が幾つも建てられた。


    ロンプラのいいところは写真が一切載ってないところ。

    文字だけで盛り上げてくるところが好きw
    そして、期待を裏切られる確率が低い。ロンプラがゴリオシするところは大体良いと俺は思ってる。宿とかも含めて。


    そんなわけで期待を持ってポパヤンへ。

    当初順調に走ってたバスだけど、さとうきび畑を疾走中に


    ドカン!ゴロゴロゴロゴロ、、


    バースト!途上国では度々あります。
    DSCN5473.jpg

    DSCN5474.jpg

    DSCN5475.jpg

    炎天下、一人頑張って修理をするオヤジを放置して乗客全員ごっそり別のバスへ移動w


    Cali-Popayanはいくつもバスが走ってるためすぐに別のバスが来た。
    あのバスがその後どーなったのか知る由はないけど無事にポパヤンに到着。


    この町、おしゃれー!!

    DSCN5486.jpg

    DSCN5491.jpg

    DSCN5492.jpg

    DSCN5494.jpg

    DSCN5499.jpg

    ロンプラさんの言うとおり!石畳と白壁の建物。コロニアル調の教会。12ものアーチが美しいレンガ造りの橋。

    カルタヘナはまさに要塞都市で、サンゴ石で造られた城壁は雰囲気があっていいけど、見所になってる旧市街は極小かつ道が狭くてどこか窮屈なんだよね。それに比べて、ここポパヤンは開放感がある。
    いずれもスペイン統治時代にスペインにとって勝手がいいように造られた都市で、南米の広範囲を完全に植民地化してたわけだからそれはそれでいろいろ思うこともあるんだけど、スペインの統治がなければ、広い意味での文化は根付いていないだろうなと思う。インフラを中心に、医療や、芸術や建築や宗教も、言語も、食事だって植民地化には良い面も多くあったと思う。そして今となっては当時に比べれば悪い面よりも良い面の方が残っている気がする。大航海時代以降における列強諸国の植民地支配についての本はそれほど多く読んだことがなくて知識の乏しさは否めないんだけど、旅しててそう思うなぁ。


    含蓄のある壁画。
    DSCN5495.jpg

    DSCN5498.jpg


    アンティグアほどではないけどカフェも結構あるポパヤン。
    2件行って、ともにCafe Americanoをもちろんnegro(ブラック)で飲んだんだけど、

    くそ苦い。

    こんな苦いコーヒー飲んだことない!ってぐらいの苦さ。たぶんストレートで飲む人がいないから、豆が深く煎ってあるんだと思う。ラテとかマキアートで飲むなら美味しそうな味だった。しっかりとした味でキレがある豆だった。浅めに煎ったら美味しそうなのに。2件とも同じぐらいの焙煎の仕方だったなぁ卸業者が一緒なのかな。

    町だけでなくカフェの雰囲気も良い。
    DSCN5501.jpg

    夜のポパヤンも素敵だぜ!
    DSCN5506.jpg



    ポパヤンの安宿は「Hostel Trail」
    ドミ 16,000COP(640円)
    Wifi Free
    キッチン有
    衝撃的な綺麗さ!
    場所はバスターミナルのある交差点から南へまっすぐ!徒歩10分ぐらいかな。
    ロンプラに載ってます。

    日光が燦々と降り注ぐ開放感ある中庭的共有スペース。
    DSCN5483.jpg



    明日も移動で数日中にコロンビアを去るけど、この国めちゃくちゃ気に入った!
    治安もいいし、海あり、自然あり、歴史建築ありと見所も事欠かないし、ローカルフードが安くて美味い!さっきバナナの葉っぱに包まった中身がわからないロシアンルーレット的なもの食べたんだけど、肉じゃがみたいでクソ美味かった!肉は鶏肉だった。1,500COP、60円!
    マンゴーをはじめ、南国特有のフルーツも美味しいしなぁ。米もあるし、パンもあるし、ケーキ系やアイスもかき氷まであるし、カフェもあるし、街行く女の子は可愛いし!美人系と可愛い系がうまく混ざった絶妙な感じがコロンビアの持ち味。


    16世紀にスペイン人がやってきて、ペルー・エクアドル辺りから金や銀をごっそり獲ってコロンビアのカリブ海に面してるカルタヘナから本国へ送ってヨーロッパで荒稼ぎしていた。地理的要因からペルーやエクアドルに比べてコロンビアには熱心に投資したんだろうなと思う。日本に帰ったらスペインと南米諸国に関する本読んでみたいなぁ。

    まだ南米3カ国しか行ったこと無いけど、コロンビアを超える国が現れる気がしない。なんとなく。それぐらい気に入ったよこの国!

    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/10/28 10:55】 | コロンビア Colombia - Popayan
    トラックバック(0) |


    けん 横沢
    私も気に入りました(^^)


    とる
    >けんよこさん
    最近の私は完全にコロンビア観光局のまわしもんです!

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。