東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    夜に出て夜に着く夜行バスって夜行の意味あるんかな。どーもとるです。



    今日は所要時間、20時間とか24時間だとか言われてるバスに乗ります。
    コロンビアとの国境の町まで行くんだけど、ベネズエラって広いんだよね。ベネズエラに限らず、南米大陸は面積に比べて国の数が少なすぎる!だから一国あたりの面積が広いんだよねー。そして山道だと時間がかかりまくるという。

    夜行バスまでかなり時間があるから、シウダーボリバルの町をちょっと歩いてみた。

    「Plaza Bolivar」
    ラテンアメリカの英雄革命家・シモンボリバルの像がかっこいい。そうそう、彼はベネズエラ出身だったね。
    DSCN5448.jpg

    この町、単なるカナイマへのアクセス地だから見所なんてなくて小1時間で終了w

    食べ歩きして散歩して終わっちゃった。


    めちゃワイルドなかき氷。
    DSCN5449.jpg

    マネキンの発育が宜しい。
    DSCN5445.jpg


    中南米の町を歩いてると、屋台のオヤジが

    「Perro!Perro!」

    って言ってるんだよね。Perroってスペイン語で犬のことなんだけど、「Perro Caliente」ってゆー食べ物があって、日本も含めて世界中で愛されてる食べ物なんだけど、



    DSCN5444.jpg


    Perro + Caliente

    犬 + あたたかい


    =ほっとどっぐ


    インフレ率が鬼なベネズエラはほんとになんでも高くて、一度溶けてまた固まったために形がぐにゃぐにゃになってるアイスでさえ250円とかするからね!!CP悪すぎるこの国。

    でもありえないぐらい安いものがあって、

    国際商品市場で取引額が一番大きいもの。


    原油。


    旅行会社に勤めるロッドマンが乗ってる車はワゴンタイプの車なんだけど、満タンで70㍑ぐらいなんだって。

    それで、


    50えん。5ボリです。

    ちなみに朝食べたホットドッグが10ボリ、100円なw


    排気ガス排出による環境汚染がどーのこーので、CO2を削減するために凌ぎを削ってる日本がむなしくなるね。こんなけ安けりゃ使い放題ですよ。まぁ日本とは経済規模が違うから消費量の問題になると土俵が違うんだけどさ、、

    それにしてもこれだけ値段の差があると改めて、値段というのは需給が大きく作用することがわかるなぁ。



    ぁー検問を無事に抜けてコロンビアに戻れますよーに。
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/10/23 06:00】 | ベネズエラ Venezuela - Ciudad Bolivar
    トラックバック(0) |


    なんじろう。
    夜出て夜着く。たしかになんの意味があるんだろね、、?

    ホットドッグの直訳って恐ろしいと気づかされました∪・ω・∪わん!

    24時間バスの旅が無事慣行できますように☆寒くありませんように



    プリン7
    先週から、とるサンのブログファンのプリン7です。。。
    1ドル10ボリは闇換金でしょうか?
    カラカスへ年末に行く予定でして、、、
    今後の予想レートなど
    ご指導おねがい申し上げます。


    とる
    >なんじろう
    24時間移動が意味不明な移動時間になっちゃったよ!
    この顔文字かわいいね∪・ω・∪わん!

    >プリン7さん
    素敵なHNですね!初めまして。
    ベネズエラは闇レートを使わないと大変なことになりますよ!今は1ドル=8ボリが相場ですね。いいところは8以上ですけど、基本的に8です。シウダーボリバルとサンタエレナは8で両替してくれます。
    今後の予想レートに関してはドルに対しては弱含みでしょうが、年末までならそれほど変動しないと思います。政治リスクを除けばの話ですが。他聞きたいことがおありでしたら、
    toru081@hotmail.comまでどーぞ!

    とるサン
    プリン7
    ありがとうございます!!



    コメントを閉じる▲
    24時間移動の末、そのままトレッキングに参加するとか無謀だと思います。どーもとるです。



    シウダーボリバルのバスターミナルに着いたのは朝6時。
    そんな早朝でもしっかり旅行会社の客引きがいるのは世界的に有名な観光地を感じる。

    とりあえず話を聞いてみることに。


    カナイマ国立公園までの往復フライト、トレッキング、7食の食事付き。さらに到着当日の宿泊を無料にして翌日からでもツアーに参加できる。という移動疲れの俺に配慮してくれたプランで、


    USD300


    なるほどね。まぁそんなもんか。アフリカで旅人から聞いたときは大体200㌦ぐらいだって言ってたからまぁそれぐらいが相場なんだろう。
    でも町に出て、違う旅行会社もみてみたかったから親切に説明してくれたRubenに感謝を告げてローカルバスで町へ。

    中心地に行きたくて、
    「Museo De Ciudad Bolivarに行きたい!」と言ったら、「よし、乗れ!」と威勢のいい返事が返って来た。

    バスは結構走った後、「よし、着いたぞここだ。」といわれたので降りたものの、確実に地図に載ってる場所ではなかった。。

    周囲の人に改めて聞いて判明。


    「MuseoはMuseoでもMuseo違いやんけ!!」

    中心地を通り過ぎて3㌔ぐらい離れてる場所まで来てしまった模様。。しょーがない。歩くか。


    バックパックを背負いながらとぼとぼ歩いて中心地に到着。
    たまたま見つけた旅行会社にふらっと入ってみたら、


    「きみは運がいい。今からならまだ今日のフライトに間に合うぞ!2泊3日、7食付、宿、ガイト、フライト全て込みで260㌦だ。」

    ぁ、いきまーす。


    のちのち知ったけど、俺が申し込んだ旅行会社は「Salto Angel(サルトアンヘル:スペイン語でエンジェルフォールズというなんとも安易な名前w)」の旅行会社で、優良だと評判だそうだ。

    空港まで行ったら、日本人の女の子が既に待機してた。
    2、3軽く挨拶を交わし、飛行機が飛ぶのを待つ。


    ・・・


    飛ばない。


    天候が悪く、様子を見る。ということで次のフライトは11時半。それまで少し時間があるからオフィスに戻って待機。戻る途中で、軽い朝食をご馳走してくれた旅行会社のスタッフ!
    ベネズエラでおごってもらえるだなんてなんか気持ち悪いw

    時間通り11時半に行ったものの、やはり


    飛ばない。

    もし1時までに飛ばなかったら今日は中止。ということでどでかい雨雲がそう簡単に去ることはなく、ツアーは中止になってしまった。。
    空港にいる他の人の山盛りパスタをうらめしそうに、見てたら旅行会社のスタッフが、


    「お腹すいた?昼ご飯食べる?なんでも注文していいよ!僕が払うから。」


    あぁ、あなたが神だったのか。


    DSCN5352.jpg

    DSCN5353.jpg


    夜もサンドイッチを手作りしてくれて、宿も無料で、ちょー優良な旅行会社「Salto Angel」
    カナイマ国立公園、エンジェルフォールに行くときはここの旅行会社で間違いなし。場所はPlaza Bolivarから東へ徒歩約2分。

    同じ旅行会社で同じツアーを申し込んで出会った、えみこちゃんは元福祉業界の人で、中でも障碍者介護!福祉業界で働いてる人ってまぁまぁいるけど、多くは高齢者介護だから障碍者の方は珍しいんです。
    久しぶりに福祉業界トークをして面白かった!ヘルパーは学生の頃に2年半、その前に地域の手話サークルに入ってたからもう7年~4年前ぐらいの話になるんかな。名古屋帰ったら一度挨拶しにいかなきゃな。あと時間があればボランティアもしたい!えみこちゃんと話してて久しぶりにヘルパーやりたい!と思ったもんw

    旅にはいろんな出会いがあって、喚起されるね。

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/10/19 20:51】 | ベネズエラ Venezuela - Ciudad Bolivar
    トラックバック(0) |
    バスに乗ったときに隣の乗客からセクシーな香りがして少しムラムラしたものの、降りたときにその人を確認したら完全にオカマでした。どーもとるです。



    バスターミナルまで直接いってバスの時刻とルートを確認するのは移動の前日にやっておくべきことのひとつ。
    バスの運転手風のオヤジは

    「カラカス行きのバスは朝7時発だ。」
    と言っていた。


    当日バス乗り場で聞いたら

    「今日のカラカス行きのバスはない。」
    と言われた。

    こんなことはまぁよくある。


    カラカス行きのバスは夜行なら必ずあることは知っているけど、今まだ朝の7時で夜の10時まで待つなんてできん!
    こんなときに頼りになるのがロンプラさんである。
    ベネズエラの全体地図を見て、カラカス方面にある大きそうな町を探す、、


    あった。Valenciaってところだ。

    きっとここまでなら何本かバスがあるはず。さらに「Valenciaから最終目的地のCiudad Bolivarまでの直通バスがある。」とどこかに書いてあったはず。
    Valecia行きのバスは簡単に見つかって、しかも7時発とOn time!Ride on time!MAX!

    Coro→Valencia 5時間、80BfS


    7時に出て着いたのは12時。
    さっそくいろんな人にシウダーボリバル行きのバスに尋ねてみたら、

    「直通バスがあるぞ。12時半発だ。」

    なんと運の良い!!!!
    出発までの30分でDesayuno兼Almuerzoを食べる。
    冒険する気はなくて安全パイのポヨスープ(鶏のスープ)を頼んだんだけど、まさかのポヨ切れ!ポヨがないだなんて中南米でありえるのか、、別のオプションは


    Res、牛。

    でた。和牛の味に慣れた日本人にとってはハイリスク・ローリターンの食材牛肉。
    でもコロンビアの牛肉は意外といけたし、ベネズエラはコロンビアの隣国だからひょっとしたらいけるかも・・という期待を込めて注文!


    DSCN5335.jpg

    いけるやん。

    にんじんとかじゃがいもとか根菜類がたくさん入ってて、味付けも胃にやさしい感じで美味しかった。お袋の味的なね。


    12時半に出る予定のバスは時間が3時に変更になった。

    こんなことはまぁよくある。


    3時になっても声はかからず、3時半になってよーやく、
    「Vamos!出発だ!」
    と、威勢よく声がかかった。


    威勢の良い掛け声と共にバスに乗り込んだものの、一向に出発する気配はなく、バスが出たのは4時半だった。

    こんなことはまぁよくある。


    ベネズエラのバスは寒くて有名だとどこかのサイトで見かけたのでインドネシアで買って以来重宝してる布切れを持ち込んで乗車。
    ほんとはこーやって腰に巻いて使うんだけど↓(バリにて)

    DSCN1575.jpg

    いつも寒さ凌ぎに首に巻いたり、体に纏ったり、お腹にかけて寝たりしてますw

    大体どこでもこの布一枚あれば事足りるんだけど、
    ベネズエラの冷蔵バスには利かず。

    ほんとにめちゃくちゃ寒い!!!推定気温15度。昼間はまだいいんだけど、夜は鬼。2回ぐらいバスが停まって、外に出て回復作業に努めてたんだけど、軽い血行障害になって足が曲がらない!痛い!!かちんこちんに凍らされたマグロの気持ちがよくわかりました。。

    maguro.jpg


    現地人だって寒そうにしてて、スキーウェアみたいなの着てるオヤジがいたり、ミイラみたいにぐるぐる状態になってる人もいた。。お客様相談センターとかないんですかね。もしあったらクレームの嵐間違いなしだろ。
    インドネシアのスマトラ島での過酷なバス移動を思い出した、、

    夜行バス。
    標高1000M以上の山道。
    車内は煙草の煙で充満。
    冷房ガンガン。
    後ろに倒れない座席。
    隣のオヤジの頭が俺の左肩にグテっと。

    あのときほど厳しい状況ではなかったけど、今回の寒さは超一級でした。。寒すぎて頭痛くなったもんw


    なにはともあれValenciaからCiudad Bolivarまで約12時間(155BsF)で到着。
    Coroからは約24時間かかりました。。移動で24時間て日本帰れるぞw


    さぁいよいよ世界最長の滝だ!!

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/10/19 00:10】 | ベネズエラ Venezuela - Ciudad Bolivar
    トラックバック(0) |

    24H帰国
    ひとひと
    まだ帰らなくてもいいぞ。楽しめやW

    どうも、ごぶさたしてます!
    ゆか
    久しぶりにブログ読んだら、滝ってことで反応してしまいました!!笑
    最長の滝、楽しみです(^^)

    ほんと、海外にいた時に戻りたいです!

    この先も気をつけて楽しんでください☆



    とる
    >ひとしさん
    どっちやねん!早く抜けろとかなんとか言っといて!!

    >ゆかちゃん
    釧路のゆかちゃん?だとしたらちょー久しぶりー!俺も滝つながりで思い出してたよー。大自然を求めるなら南米大陸で間違いなし。

    承認待ちコメント
    -


    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。