東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    バルカン半島って名前からして既に攻撃的な気がします。どーもとるです。


    クロアチアの飛び地であるドゥブロヴニクからバスで北へ3時間ほど行ったところにある、モスタルという町にやってきました。ここはボスニア・ヘルツェゴヴィナ。
    ボスニア・ヘルツェゴヴィナについてウィキでちらっと調べたけど、


    複雑すぎ。


    そもそもバルカン半島の歴史が複雑で全然整理ができん!最近移動が多くてじっくり調べてる時間がないから日本に帰ったら本でも読んで少し勉強したいと思う。

    ところでモスタルの町はB&Hで初めて世界遺産に登録された場所で、オスマン帝国時代に作られたイスラム建築の橋が町の象徴。アルバニア同様、ここでは今でもなおイスラム教徒が多く、トルコ風のモスクとヨーロッパの町並みのような石造りの町との調和が美しい。Stari Most(Old Bridge)の下を流れる、Neretva川も深い緑色をしていて綺麗!

    DSCN3890.jpg

    DSCN3902.jpg

    DSCN3904.jpg


    もっともこの橋と周辺の旧市街はコソボ紛争の頃に破壊されてしまい、修復されているので雰囲気は中世でも現存しているものは少ないと思われる。
    みやげ物屋には砲弾を再利用したものや、古い銃器などが売られていて微かに紛争の痕跡を垣間見ることができた。ルワンダの記念館で90年代にバルカン半島で起きた虐殺事件についての展示があったことを思い出しながら街歩きをして自分にはキレイなものの裏側に人間の汚いものが見えた。


    紙幣も硬貨も国それぞれで面白いんだけど、2色硬貨は意外とどこの国でも使われてる。
    B&Hの1KMは内側と外側のバランスが珍しい。
    DSCN3888.jpg


    通貨の話はまた今度。


    モスタルから首都のサラエヴォまでの山岳地帯をスイッチバックで走る列車から見える風景が絶景!的なことがロンプラに書いてあったからモスタルまでのバスチケットを買ってモスタルまで来たんだけど、

    列車運休。

    オヤジの英語力がゼロに等しいため原因は不明。。ストライキ?
    なのでバスで首都に向かいます。「絶景」見たかったなぁ。
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/08/10 22:43】 | ボスニア・ヘルツェゴヴィナ Bosnia&Hercegovina - Mostar
    トラックバック(0) |

    ボスニア
    是清
    ボスニアと言えばオシム監督ですね、サラエヴォ侵攻により家族を分裂され抗議の為ユーゴスラビア代表監督を辞任した彼の故郷への複雑な思いが、なんかの本でインタビュー記事になってました。

    バルカン
    ひとひと
    バルカンと言えば、バルカン砲なんてものがあったな。Photoは完全にヨーロピアンになった。こっちはお盆モードでj公私共に忙しい。


    とる
    >是清
    イビチャー!彼はボスニア出身なんだね。知らなかった。21世紀になってからこの辺りは落ち着いてるみたいだけどね。経済状況はあまりよくないみたいだけど殺伐とした雰囲気はなくて今んとこ安心して滞在できてる!


    しばけん
    早半年ですね
    初コメww

    最近やっと、写真のセンス出てきたね



    とる
    >しばけん
    マジで初コメやんw
    そしてダメだし!でもウレシイ!また待ってるよ♪

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。