東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    小学生のときに瞬間風速的に読書少年になったことがあります。どーもとるです。





    小学生高学年の頃に学校の図書館で本借りまくったことがあった。ほとんどが日本史の伝記をマンガで書いたものだったけどw
    織田信長、豊臣秀吉辺りが大好きだったんだけど、お気に入りの本の中に「世界七不思議」的な本があって、それで初めて死海の存在を知って、湖に浮かびながら本が読めるなんて信じられなくて


    「なんだか夢みたいな話だなぁーほんとかよコレー。」


    と、何度も疑ったことを今でもハッキリと覚えてる。



    そんな死海に行ってきた!

    DSCN3338.jpg

    アンマンからタクシーで1時間程度。死海はヨルダンとイスラエルの間にある。


    「足から入っても浮く。」


    とどこで見かけたけど、さすがにそれは大袈裟だったw
    でも足が着かないところまで行くと、水中で直立することができる!そして歩くこともできる!!


    なかなかの衝撃である。


    余裕で寝れる♪
    DSCN3375.jpg

    ほれほれ♪
    DSCN3368.jpg


    塩分濃度が高すぎるため、長時間浸かることはできないけど、数十分でもかなり楽しめる!
    塩分と共に鉱物も多く含まれているため、海水はクソ不味い。。ちょーしょっぱい味の後に硬水で苦い感じの味がする。。


    沿岸部には結晶がびっしり。
    DSCN3342.jpg


    どこからともなくおっさんが取ってきた泥を全身に塗りたぐり、、



    石像化。


    RSCN3393.jpg


    死海に入るためには入場料が必要で、プール付きだと15D、プールなしだと10D
    2、3時間の滞在ならプールなしの10Dで十分。椅子もパラソルもシャワーもあるし。

    多くの人はなぜかイスラエル側の死海へ行くけど、ヨルダン側でも全く問題なし。


    サクっと行ってサクっと帰って来て大満足だった♪



    世界は広くて面白い。

    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/07/20 21:39】 | ヨルダン Jordan - Dead sea
    トラックバック(0) |


    kashio
    石像化してまで交信するな。
    浮くってどんな感じなんだろ。。


    とる
    >kashio
    土偶戦士化しての座禅は最高に気持ちよかったぜぃ♪
    まさに浮いてるというか、沈めないというか、、あれは体験しないとわかんないと思うわ!

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。