東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    レンタチャリに兵庫県の防犯登録シール発見。どーもとるです。



    今日はチャリを借りて市内を見て周った。
    建築ラッシュのビエンチャンはそこら中で工事をしてて、メコン川の護岸工事や、川沿いに背の高い白亜のホテルが建ったり、市内にはレストランやカフェが溢れている。経済の成長を実感する一方、「ラオスのよさ」が徐々になくなっていくのがよくわかる、、

    コンクリートで固められた土手からメコン川に沈む夕日を見ても何も感じやしない。


    「経済発展」について深く考えさせられる。


    それと同時に今後の自分の人生について考えててここ数日頭が痛いw



    考えてても行動しなければ何も変わらないことはよく知ってるから今日はラオスに来てから一番行動した日だった。


    とりあえず市民の憩いの場・公園へ行ってみた。

    なぜこんなところに健康器具が、、謎である。
    DSCN2067.jpg

    やきいも!ま、焼いてはいないんだけどねw蒸してある芋。日本のスーパーで売ってるやつより遥かに甘かった!背景のカプールが羨ましい。。
    DSCN2069.jpg


    外国ってツッコミどころ満載で、それが好きなんだよね~♪

    あまりの暑さにアイスの入ってるクーラーボックスの上で寝る猫。別にそこまで暑くないんだけどねw気持ちよさそうだニャー。
    DSCN2071.jpg



    夕方には久しぶりに茶を点てた。
    ゲストハウスで働いてるラオス人の若者たちがいい人ばかりで、いつもラオス語を教えてくれるし、そのお礼をしたくて。というのは建前で、本音はは自分のために点てたかったんだけどね。原点回帰というか、自分を取り戻すために。

    お茶の保存状態がよくなくて(そらそーだw)味がかなり劣化してるんだけど、全然苦くないし外人にはちょーどいいかもねw本物とはかけ離れた味なんだけど、まぁ所作も踏まえて雰囲気は通じるでしょう!

    飲んだときの



    「にがっ!なにこれ!!!」



    って顔が見れなくて残念だけどw



    12人目の客人は

    Myong From Laos


    13人目の客人は

    Chan From Laos


    14人目の客人は

    Ta From Laos


    15人目の客人は

    Sommay From Laos


    DSCN2073.jpg

    Taは仕事が入ってしまって一緒に撮れなかったのが残念、、



    お茶を点てた後に話がはずんで、お坊さんの「Sommay」の宿坊に行くことに!

    今日は休日だから街へ出てきて外人と話をして英語の勉強をしてる。とのこと。すみません、僕全然英語話せなくてw
    12時以降は水以外口にしたら駄目だから、お茶菓子も食べなかった彼。しっかり規律を守る姿がかっこいい!

    そんな彼の部屋を見せてもらったら、、、




    筋トレグッズが!!

    DSCN2075.jpg

    この俺が持ってる手製アレー、ちょー重いんだけど彼は片手でひょいひょい持ち上げます!
    ボクシングをやってるらしい。。坊さんボクサーw

    チビマッチョ!
    DSCN2077.jpg


    いろいろ話したんだけど、最後に旅の安全を祈って、呪文を唱えながらコレを手首に巻いてくれました。
    DSCN2082.jpg


    1、2時間ぐらい話をして、托鉢でもらったという、お菓子をごっそりもらって帰ってきましたw



    ラオスのナイトマーケットはセンスがよくて好き。

    DSCN2065.jpg

    DSCN2066.jpg


    素敵でしょ?♪
    開発されてもまだまだ良いところはたくさんあって相変わらず大好きな国ですよ、この国は。

    ラオス、オススメです!

    スポンサーサイト

    【2011/04/10 22:43】 | ラオス Laos - Vientiane
    トラックバック(0) |


    いーこ
    ねこ(*´ω`*)モキュ
    しっぽ短いw


    わし子
    公園に健康器具…韓国と同じだ(笑)

    ナイトマーケット、素敵★
    行ってみたいな~

    ラオスですか
    ひとひと
    訪問は3回目か。マユミさんは、行きたかったんだよな。私は英語圏じゃないから・・・W
    鯉のぼりを立てました。孫は喜ぶ、私は身体が痛い。


    なんじろう
    ライトがシャレオツ☆ミ


    taki
    チビマッチョ、すごーい!!
    素敵な筋肉してますわ♪

    夜になると、オシャレな雰囲気に変わるのも
    素敵だね☆


    日村しゅん
    さくらで一緒だったシュンです。
    とおるくん、旅ってるねー、日記おもころいね。

    バングラ編を楽しみにしとるよ。まぁそういわずバングラにも長いこといて下さい。

    ちょくちょく覗きに来ますけん、引き続き更新しておくんなはれ。


    toru
    >いこちゃん
    途上国では犬が幅を利かせてるけどね。猫は吠えないから好きw

    >わし子
    ぬ!じゃああの健康器具は韓国からの投資かもね。今ラオスには中国資本と韓国資本がすごく入ってるからねー。

    >ひとしさん
    ネイティブの英語より非英語圏の英語の方がわかりやすいと思うよw容赦ないネイティブは英語に聞こえない、、

    >なんじろう
    ラオスいいよ!ラオス!海外家族旅行するならラオスにしましょう♪

    >takiさん
    そうなんですよ、夜になると道端のゴミも見えなくなるのでイイ感じになりますw

    >日村しゅんさん
    女キテレツw
    訪問して頂いて嬉しいです!知り合った旅人は大体「ブログチェックするから!」といってそれっきりが多いので、、
    バングラは今月最終週に入る予定です!パキスタン・イランに行くのを止めたので意外とバングラは長くいるかもしれません^^

    コメントを閉じる▲
    南京虫撃退!どーもとるです。



    南京虫に強いカラダなのか、塗り薬が効いたのかわからないけど、特に痒くなることもなく、今日から劇的に刺され跡も消えてきてるー!



    バンコクにいてもやることがないので移動しました。

    フアランポーンから夜行列車でノンカイまで行き、ラオスへ。
    最初チケット買うときに、「ベッドはない!」て言われたんだけど、座席が変形してベッドになりましたw
    夜行寝台列車に初めて乗ったんだけど、めちゃくちゃ快適だね!貧乏旅行者にはもったいない気がした、、2等寝台が780バーツぐらいで、3等席が230バーツぐらいだったかな。前乗ったときは3等席だったんだけど、夜行なのに電気つけっぱなしで、窓全開で、座席の背もたれは直角90℃で、4人のボックス席ってゆー劣悪な環境だったなぁ。

    今回は寝台だったので、朝まで爆睡!


    ラオス、イミグレ。
    DSCN2046.jpg


    ラオ語なつかしいなぁ。なつかしいといっても1年半ぶりなんだけどねw

    ちなみに



    ラオ語も読めないし、話せません(爆



    今回で3回目のラオス。
    こんなに何回も来ることになるなんて不思議。ま、初めて入国したときから「この国好き!」って思ったんだけどね。



    ヴィエンチャン市内、ずいぶんと車が増えたなぁーしかも綺麗な!国の成長を感じる。
    DSCN2048.jpg


    このヴィエンチャンに



    自分史上最高のカフェ



    があって、日本の女性が経営してるカフェなんだけど、店の造りや、カップ・ソーサー・スプーン、椅子・机などの備品のセンスが素晴らしい。コーヒーももちろんおいしいし、コーヒーだけでなく、デザートも全て手作りでめちゃくちゃ美味しい。ふわふわだけど食べ応えのあるスコーンが最高。
    そういった店内にある全てのものの方向性が一致してるからあの良い雰囲気が出るんだろうなぁ。
    そう、一言でいえば


    「侘び」


    侘び(わび)ってゆーのはお茶の世界の言葉で難しい表現方法なんだけど、言うなれば、


    「質素ではあるが、その中に洗練された美がある状態。」


    かな。お茶について話すなんて恐縮なんだけど、、
    俺はそーゆう感覚が日本人らしいと思うし、好き。
    豪華絢爛、煌びやかなものが良いわけではないんだよ。重要なのは見た目よりも中身。

    そんなとこでしょうか。



    個人的にはラオスのコーヒーと東ティモールのコーヒーが好きで、そのことをその女性に話したら、「恐らく品種が同じ」とのこと。自分の舌は間違ってなかったw
    日本ではなかなか飲むことができない両国のコーヒーだけど、癖がなくて万人ウケすると思うんだけどなぁ。冷めても酸味が出ないし、バランス力は抜群。ただ、その癖がないのが今のところ逆効果でコーヒー好きな人には物足りない味らしい。ここで言う「コーヒー好きな人」ってのは自分で生豆買ってきて焙煎しちゃうような人のことねw

    ラオスと東ティモールはコーヒー豆の生産能力に限界があるから大量消費には向かない。とすると、ブランド化して高価格帯での勝負となる。目指す地位はジャマイカのブルマン。
    ぅーんw
    面白そうなんだけどねー。誰もやってないし。


    今回の旅の最大の目的は「次へ向けてのステップ」ということで、とにかく経営者の人に会って話を聞きたい。昨日幸運なことに3人も会えた!これからもこの良い流れが続くといいなぁ♪
    どんどん引き寄せていきます!




    夜はゲストハウスの前でラオ人の若者と酒盛り!
    DSCN2053.jpg

    ビアラオ最高。ちょーうまい。
    DSCN2057.jpg

    カオニャオも相変わらずうまいし、屋台の串も最高!やっぱりラオスいいなぁ♪



    朝ごはんといえばコレ!「カオキーパテー」カリっとトーストしたフランスパンに野菜や肉がぎっしり。
    飲み物はグラスの底に練乳がたっぷりの「ラオスコーヒー」このコーヒーに使われる豆はおそらくロブスタ。日本ではストレートで飲むのは難しいね。缶コーヒーやレギュラーコーヒーにはロブスタが混ざってるんだけど。味はカカオのような味でもったりしてる。ストレートで飲むには重すぎて適さないと思う。練乳をかき混ぜて飲むと飲み応えがあってちょうど良いw
    そんな朝食14,000KIP(150円ぐらい)
    DSCN2060.jpg


    さぁ今日はなにしようか。


    FC2blog テーマ:バックパッカー - ジャンル:旅行

    【2011/04/09 12:41】 | ラオス Laos - Vientiane
    トラックバック(0) |


    俺。
    っていうかノンカイ素通りする意味がわからん。。
    おもろいのに。。


    toru
    >俺。
    そんな情報持ちえてませんよ!
    パクセーからウボンには行く予定です♪


    いーこ
    バモスw

    カオキーパテー、ネギ抜きで!


    toru
    >いこちゃん
    俺はパクチーを抜いて欲しいわw

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。