東証一部上場企業役員候補の座を捨てて、自分の生きたい人生を送ることを決意し、 世界一周の旅に出る若輩者の日記。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    なんにもしてないのに意外と一日がすぐ終わってしまう。どーもとるです。


    忙しいときってほんとあっという間に一日って終わっちゃうよね。働いてるときは昼時に時間が取れなかったりすると気づくともう夕方とか。まぁそんな日は半年に1回ぐらいだったけどw基本的に暇だった証券マン時代w数字は上がってたからこれを効率がいいというのかもしれないけど悲しいぐらいに暇な日がたくさんあった。だからいつも思ってたよ、「もっと忙しい仕事がしたいなぁ。」ってねw


    本田圭佑が

    「決まるときは決まるし、決まらないときは決まらない。」

    と言ったことがあった。証券営業というのはまさにそんな仕事なのである。時給と能力給の違いというか。一発ドカンでいっちょ上がり的な。まぁそれはその人のスタイルによるんだけど。
    とりあえず何回も海に竿を投げてたくさん魚を釣ろうとするか、集中して狙いをすまして一発で大物を釣りに行くか。ま、そんな感じw

    ただ、ホームランを量産した王貞治も練習を怠ったことはないし、何もせずに大きな仕事をすることはできないのである。




    朝起きるとともにアキレス腱からふくらはぎにかけて張りがあることに気がついた。
    思い返せば前日、ビーチサンダルで急な坂道を上ったり下ったりしながら10㌔ほど歩いたんだった、、そら筋肉痛になるわ。


    今日も昼に隣にあるLidiaハウスに御呼ばれした。
    いちいち装飾が可愛い。
    PC060948.jpg

    PC060959.jpg


    ほどなくするとクリームパスタが出てきた!甘めの味付けでウマイ。
    PC060949.jpg



    午後からはネットをしがてら散歩に出かけた。

    愛想の良い野良犬発生率がやたら高いマイコルプエ。犬の方からすたすた寄ってくるので、ムツゴロウ並みにわしゃわしゃやってやると本気で喜んでしばらく付いてくるw
    PC060956.jpg

    このアフロ犬は飼い犬。
    PC060951.jpg

    今日も天気が抜群に良い。三段パノラマどやっ。
    PC060955.jpg

    道端に豚。田舎を感じる。
    PC040926.jpg

    牛が近い。田舎を感じる。
    PC040924.jpg

    魚鱗のような壁の造りがこの地域の伝統家屋のようだ。可愛らしい。
    PC040909.jpg

    あじさい。綺麗。君も綺麗だよ(は
    PC060950.jpg



    散歩から帰ってくるとLidiaが「お茶でもどう?」と声をかけてくれた。Lidiaが食べ物を供給してくれるおかげで買い込んだ食材が全然消費できなくて困るw

    パンと自家製ジャムと魚の燻製が出てきた!魚の燻製ちょーうまい。
    PC060960.jpg

    器用にケータイを使いこなす81歳。
    PC060961.jpg



    Lidiaの庭には多くの花が植えられていて、ほんとに可愛らしい。
    彼女が毎日せっせと手入れしている賜物だ。そしてなによりこの家のロケーションは最高なのである。
    PC060963.jpg

    PC060965.jpg

    貸家に併設されたバルコニーからの眺め。やばいw
    PC060964.jpg

    写真を撮ろう!と言ったら踊りだしたLidia
    PC060957.jpg



    お腹が相当いっぱいだったけど無理して夜ご飯を作って食べた。。今日の献立は、


    お~~~ぃ、アナゴくぅ~~~~ん。

    images.jpg



    チリのやたら肉厚なアナゴを高温のオリーブオイルで揚げたものと、昨日に引き続きあわび姫のスープ。今日はたまねぎとにんじんとじゃがいもを入れた。

    PC060968.jpg


    アナゴさんの唇並みに分厚いアナゴ。チリではCongrioという。コングリオ・・つよそうw男性名詞だし。
    images2.jpg

    PC060969.jpg




    ほんとになにもないMaicolpueだったけど、かなり充実した日々だった。ぃや、ここには絶景があり、Lidiaがいる。それだけで十分だ。

    PC060970.jpg
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/12/08 02:55】 | チリ Chile - Maicolpue
    トラックバック(0) |


    福岡アツヒコ
    いつも日記こってるよね~!
    読みごたえあるし(^^)
    ちょくちょくチェックしてます!

    あっち
    とる
    ちょいちょいジャブ入れてます!
    てか時間すごw


    ひとひと
    おちらは紅葉が終わりがけ。人が居なければ、どこかで見たことが有りそうな風景だな。ん、石垣・日間賀島?

    ひとしさん
    とる
    日間賀島にも石垣島にも似つかないと思うんですが。。両島には切り立った崖に家は建ってないでしょ?

    コメントを閉じる▲
    アラサーにして15歳って言われました。どーもとるです。


    そら、81歳の大先輩からしてみればガキんちょかもしれないけど、15歳の日本人が一人でこんな田舎の漁村に来るかよw常識考えろや、Lidiaw



    昨日は魚介が買えなかったため、今日こそは!と思い、朝9時に意気揚々と宿を出た。
    坂を下ったところでバス待ちをしているオヤジに「魚市場はどこですか?」と聞いたら、


    「ここにはない。」

    と即答される!なんとw


    魚市場は隣り町のBahia Mansaというところにあるそうだ。オヤジが言うには、Bahia Mansaまでは2㌔の道のりだという。もうすぐバスが来るらしいが急いでも疲れてもいないので歩いて行くことにした。

    海沿いの勾配のある曲がりくねった坂道を上ったり下ったりしながらとぼとぼ歩く。
    PC050929.jpg


    海や空って毎日違うんだね。
    アクリル絵の具でベタ!と塗ったような色をした日もあれば、水彩画のような淡く繊細な色をした日もある。
    ドラマ・ビーチボーイズでマイク真木が「自分の海は自分で見つけんだよ。」って言ってたのを思い出した。今その言葉がしっくりきた。そして、余生を海と共に過ごしたヘミングウェイの気持ちが少しわかった気がした。
    クラブで踊り狂うのも、酒をがぶ飲みするのも、カラオケ行ったりボウリング行ったりするのも、スポーツするのも、読書するのも、美術館や博物館に行ったりするのも、あんなことやこんなことするのも好きだけど、なーんにもないところでのんびりするのも意外と好きかもしれん。

    PC050931.jpg

    普段の旅のスタイルといえば、いわゆる「弾丸系」でとにかくいろんなところに行くことが多い。同じ宿に泊まるのは1泊か2泊が基本で3泊もしたら大変だw
    ところが最近は時間調整のためにのんびり旅を余儀無くされている。サンティアゴで5泊。プコンで5泊。そしてここ(マイコルプエ)で3泊。
    こんなにのんびり旅をするのは初めてだけど、すっげー楽しいw何が楽しいって自炊が楽しい。スーパーや市場に行って「今日は何にしようかなぁ♪」て考えて作るのが楽しいのである。レシピは極々限れてるのにw



    歩くこと30分。Bahia Mansaに着いた。魚が揚がると思われる場所はさらにそこから10分。
    おぉ!それっぽい!
    PC050932.jpg


    漁港にいるオヤジAに魚市場はどこかと聞いたら、


    「今日はやってない。」

    と言われた、、はうわorz


    困った顔してクーンってしてたらオヤジBが「あそこの家で魚買えるぞ!」と教えてくれた。
    オヤジBの言う通り、その家で魚が買えた!よくよく考えたら魚を買って調理したことがないからよくわからんが、とりあえず3種類の魚を購入。ちゃんと捌いてあって有難い。貝類も欲しくて、訊ねてみたんだけど、貝類はない。と言われた。

    そこへ、ビニール袋をひっさげたオヤジCが現れた。
    「なんだ?貝類が欲しいのか?今持ってるぜ。ヘヘ。」

    と少し得意気なオヤジCが持つ貝類とは、



    あわびーーーーーーーー!!!!!


    なんと、、あわびちゃむとは。
    しかも値段を聞いたら、


    2個で500ペソ。

    まさかの80えんキタァアアアア!!!!!!!!!


    一個40円って、もはやチリではあわびの地位はゼロに等しいじゃないかw
    需給バランスって恐ろしいですね、、経済の基本ですねコレ。
    そしてなぜかあわびのことをスペイン語で「Loca」という。Locaという意味は「イカれた女」w


    海ポケモンゲットだぜ!
    PC050935.jpg



    昼は隣にあるLidiaハウスにお呼ばれして、何かの手伝いで来てる近所の人と5人でご飯を食べた。
    Lidiaお手製のチョリソー入りクリームスープ。激うまし。
    PC050937.jpg

    特製ソースで煮込まれた身離れのいい牛肉とローストチキンにふかしたじゃがいもを添えて。
    PC050938.jpg


    大変おいしゅうございました!
    よく動き、よく話すLidiaは終始一人で話っぱなしだったw食事が終わった後に、古びた宿帳のようなものを渡されてメッセージを書いたんだけど、1990年代前半まで遡ってみてみたけど日本語は一切なかったw

    お昼を食べ終えて紅茶を飲んだらLidiaは「寝る!」と言い出した。どうやら昼寝は彼女の日課のようだ。誘われたわけではないようで安心した。21歳のLidiaなら大歓迎だが81歳のLidiaはハードルが高すぎるw



    午後からはネットをやるためにまた隣り町まで行った。徒歩30分wネットやるために往復1時間かけて歩きますw
    パノラマってみた。
    PC050939.jpg




    青天の帰り道。
    PC050942.jpg

    今晩の料理について考えていた。魚は焼くとして、あわびをどう調理しようか、、あわび汁的なものが食べたいなぁ。でも出汁をどうやってとろうか、、昆布なんて売ってないし。



    あ。

    生えとるやん。すぐそこにw

    PC050944.jpg

    こんな容易に手に入る海草でとても出汁がとれるとは思えないけど、やってみる価値はあるな、と。


    掴んだ海草を手に、
    ~もしこれで出汁がとれちゃったら利尻昆布の立場ないよなぁ。沖縄では昆布が取れないからその昔は北海道産の昆布が重宝されたんだよなぁ。てか、毒性とか大丈夫かこいつw~
    なんて考えが頭の中をぐるぐる・・。
    PC050945.jpg



    通常の昆布出汁をとるのと同じように真水からお湯を沸かしていく。昆布だしをとるときは沸騰させてはいけないけど、今回は特別なのでしばらくぐつぐつやってみた。海草がどんどん変色していく・・香りとお湯の色はいい感じだw

    いざ実食!



    無味。完全に無味。

    味がないなら使う価値なしであるw毒とかあったら怖いしwポイササっポイ。



    あわびのスープはコンソメと塩で無難にまとめることにした。それだけだと寂しいので刻んだにんじんを少し入れた。
    あとは米を炊いてーカレイを焼いてー完成っ!

    PC050946.jpg


    なんといっても主役はあわび姫である。あわびを丸ごとかぶりつくなんてしたことない!贅沢すぎるぜ!

    PC050947.jpg


    なるほど。
    ある意味イカれた女だ。

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/12/07 03:10】 | チリ Chile - Maicolpue
    トラックバック(0) |


    俺、
    やっぱり南米だし15くらいで移民してきた人たちもいんのかなあと思ってしまった。先達は本当に尊敬するわ…。
    日系に限定すればチリは少ないだろうけどさ。チリが南米1の地位に達するまでこの婆さんはいろんな15の異民族のガキをみてきたんだと思うよ。
    いいなあ、この婆さんと話したいなあ。スペイン語もグアラニ語もよくわからんけどさ 笑


    ところで、チリあわびって有名なあわびの代用品やで…輸入とか考えるなよー

    keiさん
    とる
    商魂溢れてるー!!
    そーゆうところが好きですw
    思い返せば、日本のスーパーでチリ産の魚介類よく見かけますよね。チリかノルウェか。

    移民できた方々、相当苦労したようですね。当時の日本政府の対応は送るだけ送ってあとは知らん。て感じですもんね。でも楽しそうだと思うのは私だけでしょうかw

    コメントを閉じる▲
    最近最も感銘を受けた人は美輪明宏。どーもとるです。


    美輪さんのこと、化学薬品に漬けたプラスチックみたいな長髪で濃い化粧して気持ち悪い人だなぁ。と思ってたんだけど、あの人に関する動画を見てたらすごい過去を持った人だということがわかった。発言も堂々としててかっこいい。
    そんな美輪さんが恋と愛の違いについて言った。


    恋は自分本位
    愛は相手本位
    ←美輪さんカラーw

    何事も仮説を持ち出してだらだらと述べることは簡単だけど端的に言うのは非常に難しい。
    これはまさに核心を突いていると思う。


    人間というのは意思疎通の大部分を言語に頼っている。なので一般的にあらゆるものを言語化できる人は優秀に見られるし、実際優位に立つことができると思う。いわゆる口が上手くないと、昨日食べた美味しい料理を他人に伝えることはできないのだ。
    動物や自然とのみ暮らすなら言語の優先度は低下するけど、実社会で人と関わって生きていくなら言語化する能力というのは非常に重要だと思う。



    美輪さんの話から言語化の話になってしまったw



    朝8時にプコンを出た。目指す町はMaicolpue(マイコルプエ)というところだ。
    ロンプラにもちょろっと名前が載っている程度のこの町はサンティアゴの安宿「Tales」の管理人であるScottがゴリオシしてくれた場所だ。彼がゴリオシしてたプコンが相当によかったのでMaicolpueにも行ってみることにした。

    Maicolpueはかなり小さな町でプコンからその町へ行く直通バスはないので、まずはオソルノまで行く。

    Pucon→Osorno 所要時間約4時間、6700ペソ


    Osornoに着いたらバスかコレクティーボでマイコルプエを目指す。とScottに言われていたので、周りの人に聞いてみたら「コレクティーボで途中まで行って、バスに乗り換えるのが安くていい!」と言われたのでその方法で行くことにした。

    わからないときは地元の人に聞くのが一番いい。

    無事にコレクティーボをつかまえ、乗ること約30分。400ペソ。
    バスの運転手が「ここで降りてあそこでバスを待て!」と教えてくれた。


    田舎の住宅地でいつ来るかわからないバスを待つ。
    PC040904.jpg


    通りかかったおばさんにほんとにバスは来るのか聞いてみたら、「今日は日曜日だから来るの遅いわよ!」と言われた。なるほど。

    何台か車が目の前を通るのでヒッチハイクしようかと考え出したらバスが来た!30分ぐらい待ったかな。


    バスは木々が生い茂った山道をぐんぐんと進む。等間隔に並び、間引きのしてある植林と広葉樹の自然林が競うように生えている風景がどこまでも続く。時折透明度の高い川が見え、酪農業を営む農家がぽつんぽつんと沿道を彩る。
    すっかり山の風景でこの先に海があるとは思えない、、1時間ぐらい走ったら急に視界が開けた。

    PC040905.jpg


    どうやら目的地のMaicolpueに着いたようだ。
    地図はなく、持っているのは宿の場所を示す英文のみなのでどこで降りたらいいかわからず、終点まで乗っていたら乗り過ごしてしまったようで、重い荷物を背負い、バスで来た道を30分かけて歩いて戻った。。

    Scottから聞いてたのは、80歳になるおばぁちゃんが切り盛りする宿があって、そこからみる景色が抜群!とのことだった。
    宿の住所がわからないため、
    「彼女の名前はLidiaでー80歳でー宿をやっている人です!」

    こんな感じのことを町の人に伝えたらわかってくれたwもちろんスペイン語でw


    Scottが言ったとおり、宿からの景色は抜群!!

    PC040917.jpg

    PC040914.jpg


    そして部屋というか、キッチン・バストイレ・リビングダイニングまで付いた離れを独り占めw

    部屋。景色と日当たりがよすぎてテンションあがる。
    PC040918.jpg

    リビングダイニング。
    PC040919.jpg


    値段は7500~8500ペソ(1280円前後)と聞いていたから、3泊するから叩いて6000ペソぐらいにしてもらう予定だったんだけど、一泊いくらか聞いたら


    ドセ。

    ・・?ドセ?12?


    12,000ペソぉー!!?(1920円)


    おいおいw高すぎだろwサンティアゴでもプコンでも5,000ペソ(800円)で泊まってきたんやぞwこのクソ田舎に来てそらねーだろw


    じゃあ、、三日で30,000ペソにしてあげるわ!一泊10,000ペソよ!これでどう!?


    ぃや、それでも今までの2倍なんすけど、、セニョーラ。。
    宿泊費2倍は高すぎるなぁーうーん。クーンw

    クーンって顔したら、もう一段下がって三日泊で25,000ペソに!

    一泊あたり8,333ペソかー昨日から60%以上も宿代上がったけど、この宿に泊まるために来たんだし、仕方ないか。これ以上老体にムチ打つのもあれだしw
    ってことでその値段で交渉成立。三泊で4000円!

    金に困る歳じゃないし、もっと安くしてくれてもいいのになぁと思ったけど、逆に金に困ってないから安くする必要もないのかなと思ったw



    御歳81歳のセニョーラ、Lidiaはめちゃくそ元気なハイパーおばぁちゃんで階段の上り下りも楽勝にこなすし、腰丈ぐらいある柵を跨いで越えちゃうぐらいピンピン!マジでびびるw

    チェックインするやいなやすぐさま卵焼きを作ってくれた。パンも腐るほど食べさせてくれたw
    PC040915.jpg


    Lidiaは笑いのツボがいまいちよくわからないけど、お茶目なおばぁちゃんだ。頭なでたりしてくるしw「めちゃくちゃかわいいですね!」とお世辞を言ったら本気で嬉しがってたw


    Lidiaの昔の写真が部屋に飾ってあって衝撃的な美しさ!

    彼女21歳のときの写真だそうだ。
    PC040916.jpg



    海沿いの町なので魚介の料理を作ろう!と張り切っていたものの、日曜日でしかも着いたのが夕方だったため、魚市場の類はAll close、、というか、田舎すぎて物がなさすぎる!!スーパーなんてもちろんなくてキオスクみたいなところしかない、、田舎リスクに直面。

    それでも田舎には田舎のよさがあるんですよね。


    夜9時。部屋からチリと日本の真ん中にある太陽を見送る。
    PC040928.jpg



    Maicolpueの宿「Cabanas Oma Lita」
    一戸貸し。
    絶景と引き換えにWifiはなし。
    場所は、マイコルプエに着いたら初めのビーチでバスを降りる。(ビーチは手前と奥に2つある。手前の方。プリメーラです)
    バスの進行方向に30mほど歩いていくと左手に細い階段がある。それを突き当たりまで上って右へ。「Cabanas Oma Lita」の看板が目の前に見えるので左手にある階段を上る。右手の角にあるのがその宿。バスを降りてから徒歩3分。
    家電 1975374
    Lidiaケータイ 84477130

    場所の詳細を書いたけど、ここに来る日本人いるんかなw
    Lidiaに日本人が前にいつ来たか聞いたら「10年前に一人だけ!」て言ってたw

    FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

    【2011/12/06 03:29】 | チリ Chile - Maicolpue
    トラックバック(0) |


    えみりあ
    そーゆーのすき。
    ちっちゃいけどなんか一つのためだけにとんでもない場所に行くの。
    景色いいねー


    いーこ
    ばーちゃんめっちゃキレイ!!
    女優さんみたい♪
    腰も曲がってないしすごく元気なんだねー。

    やっと
    しばけん
    とるの日記をスマホでも見れるようになった(笑)
    見ない間にずいぶんすすんでるね

    今日電車乗ったら、同じ車両同じドア付近で、前の彼女にあった(笑)
    若干仕事に身が入りません(泣)



    ひとひと
    過激な今までから、普通の旅になったな。変わらないのは、安宿めぐり。本当に世界中にあるんだ、今更ながら驚く。

    えみりあ、いこちゃん、しばけん、ひとしさん
    とる
    >えみりあ
    最近すんごいのんびりしてるからねー自分じゃないみたいwこれもまたいい旅ですね。

    >いこちゃん
    でしょ!!オードリーみたいじゃない!?
    ほんと元気すぎるよw得意なポーズはガッツポーズw

    >しばけん
    うっす!今まで見れなかった?設定変えたから見えるようになったんかな。
    ぉー元カノって俺も知ってる?元首相と同じ名前の?wそら、複雑だわなー!

    >ひとしさん
    まぁ宿がなくても俺は人が住んでるんところにしか行かないからなんとかなるw
    日本にだって探せば結構安宿あると思うよー。

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。